light_square

Categories

第2回 TPTP のご案内

28/11/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!

先日ご紹介しました「第2回 TPTP」について
詳細について改めてご案内させていただきます。

ジャイロなどのスリーターカスタムで名を馳せる多摩ピット様とのコラボ企画

「TPTP (Tama Pit & Tokyo Parts)」早くも第2回の開催です!!

(多摩ピット 齊藤様 どうもありがとうございます!)

場所は茨城県の大洗サーキット! 今回も貸し切りでの開催となります☆
近県だけでなく、東北をはじめ色々な地域の皆様に是非ご参加いただけます様お願いしますね。

当日はSSやサーキットコースの周回走行も楽しんで戴けます!
普段、スリーターカスタム車両をご覧になる機会がない方など刺激的なイベントになりそうですね。

今回も皆様でイベントを楽しく盛り上げていきましょ~!!

【 第2回 TPTP 2017  in 大洗サーキット】のご案内

開催日 : 2017年 12月 10日(日) ※雨天中止
時 間 : AM 9時~
場 所 : 大洗サーキット 茨城県水戸市森戸町668-1
最寄インターチェンジ:北関東道 水戸南インターより8分ほど
参加費 : 2,000円 (当日受付にてお支払い戴きます)
参加受付は当日8時00分から9時00分くらいとお考えください。
参加用紙をお持ちでない方は当日その場で記載していただきます。

※前日の18時からサーキット駐車場とトイレのみ解放いたします。
電気はございませんのでご注意ください。

駐車場は20~30台ほど用意できますので
事前に駐車場をお申込ください。

※事前お申込が無いと駐車できません。

クルマで参加予定の方は
12月07日 19:00までにご連絡ください。

ルールはゆるいのですが、大人(紳士)の集まりでございます。
自己責任を厳守いただけます様、宜しくお願いいたします。

当日はこの様なスケジュールを予定しております。

メガホン等でのご案内、お呼びかけになりますが
個別でのご案内は予定しておりませんので
走行希望の方は聞き逃さないようにご注意ください。

お昼休み及びインターバル時間中は
基本的にエンジン停止でお願いいたします。

 

【 サーキット走行につきまして 】

サーキット走行はいかなる場合でもヘルメット着用。
ヘルメットは半キャップ不可 ジェットヘルはシールドがあれば可能。
グローブ着用必須。軍手不可、革グローブが望ましい。
ブーツ着用必須。くるぶしが隠れる物なら可能。
服装 革ツナギが望ましいが自己責任で膝、肘が隠れる物なら可能。
レース走行を行う方は、革ツナギ、もしくは膝肘プロテクター着用必須。
サーキット内での接触、転倒、破損、ケガはすべて自己責任とする。

 

・ 注 意 事 項 ・

参加受付は当日朝8時~9時の1時間となります。
参加用紙をお持ちでない方は当日その場でご記載いただきます。

エンジンの始動は当日の朝9時まで禁止です

ご参加された時点で参加費用が発生いたします。
車両(自走)でのご参加、積み込みでのお持ち込みでのご参加、全て受付が必要になります。
お受付していない車両は敷地内侵入禁止といたします。 (見学もできませんのでご注意ください)

車両破損やケガは自己責任になります。 必ず安全な服装でお越しください。
フリーマーケットは駐車場内で自由に行って戴いてOKです。

周回レースの開始などは、
メガホン等でのご案内・お呼びかけになりますが
個別でのご案内は予定しておりません。

走行希望の方は聞き逃さないようにご注意ください。

皆様で掃除を行いますので、しっかりとご参加ください☆
※ルールはゆるいですが、大人(紳士)の集まりですのでご協力をお願いいたしますm(_ _)m

 

※駐車場の利用は事前申込が必要です

クルマで参加予定の方は
12月07日 19:00までにご連絡ください。

 

参加申し込み書は下記リンク先からダウンロードお願いします。

【 第2回 TPTP 】のご案内・参加申し込み書

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
皆様のご参加をお待ちしております~!!

 


第2回 「TPTP in 大洗サーキット」 開催決定!

21/11/17 コメント 0

皆様こんばんは!

ジャイロなどのスリーターカスタムで名を馳せる多摩ピット様とTOKYO PARTSとのコラボ企画
「TPTP (Tama Pit & Tokyo Parts) 2017 in 大洗サーキット」の
第2回が開催決定!

今年の夏に開催した第1回は盛況のうちに幕を閉じ、年内早くも2回目の開催です☆

開催日は12月10日(日)、場所は大洗サーキットにて!
(詳細は改めてご連絡させて戴きます。)

今度のTPTPも寒さを吹き飛ばすくらい盛り上がりましょ~!!

ちなみに第1回の様子はこんな雰囲気です。
サーキットを貸し切りならではの走行会とBBQで、皆様と楽しい時間を過ごせました(笑)

今回も皆様と一緒に楽しい時間が過ごせたらと思います☆

皆様のご参加お待ちしておりま~す!

 

 


エンジンスワップ済みカスタムズーマーの販売です☆

14/11/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!

日中は暖かいなぁと思っていても、夜の冷え込みのキツいこと(汗)
寒暖差が大きいと身体がついていけません!
皆様も体調崩されませんようにお気をつけくださいませ!(鼻をすすりながら)

早速ではございますが、今回は販売車両(ズーマー)のご紹介です!
しかも今回はエンジンスワップ済みズーマーでゴザイマス。

皆様からのお問い合わせで「スワップ済みの販売車両はありませんか?」
と、いった内容も多く今回のご用意となりました☆

シグナスX(124cc)エンジンのスワップをはじめ
フロント12インチホイールやフロントディスクブレーキ化、セパレートハンドル、オールペイントなどなど
カスタム内容も盛り沢山の車両となっております。

ド派手なカスタムは敢えて抑えて、色んな方に楽しんで戴ける様に
ホイールベースや車高、カスタム内容など「ちょうど良い」感じを意識した仕上がりとしております。

まとまりのある仕上がりですので「こういったバイクがあるの?」と、思って戴けたら嬉しいです(笑)

それでは車両の主な仕様をご紹介いたします☆

一番のアピールポイントはエンジンスワップですね。

シグナスX (124cc)のエンジン載せ替えでドカンとパワーアップ!
リヤホイールもズーマー純正の10インチからシグナス純正12インチにインチアップ!

フロントも12インチホイール化&ディスクブレーキ済み
エンジンパワーの向上に併せて制動性もキッチリとキープしております。

フロントフォークはローダウンフォークを加工して更にローダウン化!
前後ともローダウンしていますが「走れる低さ」をキープしているもポイントです。

ハンドルはセパレートハンドルへ変更済み
キュッと引き締まったハンドル周りでレーシーな面白さも。

メーターはデジタル表示の多機能メーターを装着。視認性もしっかり確保できていますよ。

ヘッドライトはZOOMANIA LEDライト&ステーKIT装着
スリムなボディですが明るさもしっかりあるので通勤等にもお勧めです。

テールランプ周りはステーをカットしてスッキリとスムージング済み

ランプ周りがスッキリしていると、同じホイールベース長でも長く見えるのが良いですよね。
リヤショックはモノショックへと変更して、後ろ姿の見た目もスリムになっています。

LEDテールランプはウィンカーと一体式。 ナンバー灯、リフレクターといった保安部品も装着済み。

マフラーもこの車体に併せて加工した一点モノ!

エキパイの取り回し変更やサイレンサー位置変更及びステー製作で
スタイル的にも車体にマッチした仕上がりとなりました。

 

パワフルは走りとカスタムの両方を楽しんで戴ける一台となっております。

動画でも車両のポイントをご紹介しておりますので併せてご覧くださいませ☆

 

「エンジンスワップしたズーマーに乗ってみたい!」という、ズーマー好きな方へ特にオススメしたい車両!
更にはこちらの車両だけの特価販売となりますので、この機会に是非ご検討くださいませ。

■エンジンスワップズーマー車両販売(ご紹介)ページはコチラ■

 

今回は販売車両完成のご案内でした☆

この車両の他にもカスタム車両を色々とご用意しております!

■リヤ8J極太仕様&オリジナルパーツ多数装着  TOKYO PARTS製作インジェクション ズーマー■

■スマートDIO Z4 4バルブエンジン搭載  TOKYO PARTS製作コンプリートズーマー■

■キャンディレッドが映える極上ローロングスタイル フルカスタムズーマー■

センター出しマフラー&迫力のリヤ8J ワンオフカスタムズーマー■

シグナスxエンジン搭載 リヤ12インチ7J ワンオフ多数フルカスタムZOOMER■

ファニーでホットロッドテイストなフルカスタムZOOMER■

クラシカルスタイルなスーパーカブカスタム TPコンプリートモデル■

■PS250 USモデル《BIG RUCKUS》仕様  低走行距離な極上車両■

■前後13インチ、リヤ9J極太仕様のフルカスタムYAMAHA マジェスティS(S-MAX)■

店舗ではご紹介した実車をご覧いただけますので
気になった車両がありましたらお気軽にお問い合わせください。

それでは皆様、宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 


TP製作のカスタムカブが販売開始です☆

31/10/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!

早いもので10月も今日で終わりなんですね!
今日はハロウィン当日らしいですが、楽しみ方が分かりません(苦笑)

さて、今回ご紹介させて戴くのは
弊社で販売用に製作したカスタムカブでございます!

カブらしさを活かしたちょっとクラシカルなスタイルのスーパーカブ☆
エンジンの調子が良い車両をベースにカスタムさせて戴きました!

フレームやホイールはペイントで仕上げて
濃いめのグレーと足周りをブラックでまとめた車体は引き締まった雰囲気になっております。

オリジナルのバーハンドル用マウントでハンドル周りはスッキリとイメージチェンジ!
メーターもセンターに取り付け、視認性もバッチリです。

左右のスイッチBOXはホンダ系車種の純正部品を流用して使い易さをアップ。
(スイッチBOXも磨いてピカピカです☆)

セルスイッチ対応なのでキックでエンジン始動できるのも普段使いに嬉しいポイントですよね。

ヘッドライトはベーツライトを装着してクラシカルは雰囲気を演出。
落ちついたボディカラーにメッキパーツがよく映えております!

テールランプやウィンカーも純正から仕様変更済み。

カブのカスタムでは人気の方法だけあって良く似合っていますよね。
リヤショックは純正よりも少しだけローダウンしてショート化したリヤフェンダーとのバランスを取っています。

シートは高級感のあるタックロール仕様に変更。

シートが変わるだけでもカスタム感がグッとあがります!

シート下のガソリンタンクはチッピングブラックで塗装しており
ツヤっとしたボディとの違いを楽しんで戴けます。

エンジンもブラックペイントして、より引き締まった雰囲気になりました。
ステップやペダルもブラックでまとめているので全体的な統一感もバッチリです!

勿論マフラーやラバーステップもブラックでまとめております(笑)

純正時と比べてみると、だいぶイメージが変わりましたよね。

カブらしい親しみ易さとカスタム車両としての楽しさを両方感じてもらえる車両になっておりますので
気に入って戴けたら嬉しい限りです! (購入して戴けると更に嬉しいです!(笑))

■車両の詳細はコチラから■

 

落ち着いた雰囲気の仕上がりで流行に流されることなく、どなたにでも楽しんで戴ける車輌となっております。

グレーとブラックでまとめたボディカラーは
さり気なくも品の良い雰囲気をお好みの方にもお勧めな車輌です。
もちろん燃費の良さと乗り易さはカブならでは。

通勤、通学は勿論、休日のお出かけなど
オシャレに楽しみたい方へお勧めなこちらのカブをこの機会に是非ご検討ください。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

今回は販売車両のご紹介でした!

またの次回のブログでも宜しくお願いいたします。

 


新商品のご紹介です

21/10/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!

早速ですがタイトル通り新商品のご紹介です。

まずはこちら!

ZOOMANIA ビッグスロットルボディKIT!

これまでズーマーのインジェクションモデルでは
キャブレターモデルの様な「ビッグキャブ」というパーツがありませんでしたが
ついに大口径吸気パーツがラインナップいたしました☆

吸入口の径も比べてみると一目瞭然ですね。
(左/ビッグスロットルボディ 右/ズーマー純正スロットルボディ)

インジェクションコントローラー(I-MAP)の装着と燃調マップのセッティングが必要ですが
全体的なパワーとトルクアップが期待できちゃます!

ウェイトローラーなどの駆動系セッティングと合わせれば更に走りが楽しくなりそうです(笑)

■ZOOMANIA ビッグスロットルボディKIT■

KIT内容は2種類からお選び戴けます

・スタンダード  (センサーセット、エアコントロールバルブレス)
・センサー付属 (センサーセット、エアコントロールバルブ取り付け済)

■ご装着についてのご注意
(1)ズーマー純正スロットルボディから
「センサーセット」 「エアーコントロールバルブ」をビッグスロットル側へ移植してください
(2)スロットル開度センサーのリセットを行ってください

※後ほど取り付け説明ページをご用意する予定です

 

こちらの新アイテムも宜しくお願いいたします☆

SHOTGUNSHELL キーホルダー!

ショットガン(散弾銃)の空薬莢を使用したキーホルダー!
実際に使用されている弾薬(もちろん中身は入っていません(笑い))なのでリアリティも抜群ですよ。

サイズも直径:12mm、高さ:60mm 程度とキーホルダーにもピッタリな大きさ。

底の部分(雷管って言うんでしょうか)もなんだかオシャレですよね。

■SHOTGUNSHELL キーホルダー■

お求めやすい価格になっておりますのでお手軽にお楽しみくださいませ。

薬莢の仕入れ状況でご用意出来ない場合もありますので
ご興味持たれた方は是非お早めにご検討くださいね。

商品で気になる点などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

どちらの商品もどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 


ZOOMER-XをフットペダルでGO!

17/10/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!
今回は普段とは少し変わったカスタム内容をご紹介させて戴きます!

ご依頼戴いた車両はこちらのZOOMER-X☆

ファンに惜しまれつつも国内では販売が終了してしまった車両ですが
個性的なルックスと、スーッと伸びる軽い走りでコアなファンもいたり海外では新モデルが発売されたりと
グローバルな視点で人気のある車両だったりするのです!

こういう個性的な車両は製造終了後から人気が出てくるのは何故なのでしょうか(苦笑)

話が逸れましたが、今回のご依頼ではこのZOOMER-Xをフットペダル化して
アクスルやブレーキ、ウィンカー操作まで出来る様にするというカスタム内容でございます。

ご相談戴いたお客様は両手が不自由な為
クルマの様にフットペダルを使用して操作出来る様にしたいとのご要望を戴きました。

こうした施工内容ですと、「どこに頼めばいいか分からない」とか
「相談に乗ってくれるのか」などご心配される方もいらっしゃると思います。

でも、そんな方は是非弊社へご相談くださいませ。
お力になれることがあると思います!

それでは、作業の様子と合わせてご紹介いたします☆

お客様の体形やポジションをに合う様にハンドルバーの位置や高さを調整(パーツ製作含む)。
ご希望戴いた内容を基に施工して、後で微調整ができる様に可動域に余裕を持たせています。

カスタムの要になるフットペダルの位置や収まりを模索中です。

ペダルの踏み易さも考えながらの作業ですが
スクーターのフロアパネル部は思っているほど大きくないんですよね。

スペースの問題も考えつつ、どんなカタチにするのが使い易くなるのか悩み所です(笑)

作業をある程度進め、実際にお客様に試して戴きながらお打合せを重ねています。

こうしたオーダーメイドでのご依頼の場合は、作業 → ご確認&打ち合わせ → 作業を繰り返しながら詰めていきます。
お客様にもご協力戴きながら作業を進めてまいります。

足を置く高さや踏み込む位置を詰めていき、だんだんと形になってきました!

左側はウィンカーのスイッチになっており、同時に両方踏むとハザードにもなりますよ。

こちらはアクスルペダルとブレーキペダル。

ペダルの左右の間隔や取り付け角度、高さといった内容に加え
アクセル、ブレーキの効き具合などもお客様に実際に確認して戴きながら煮詰めていきます。

本来はフロアボード下にあるガソリンタンクですが、フットペダル化に併せてシート下へ移設。
荷物の積載量は減りますが、給油の時に屈まなくて良いので、これはこれで使いやすくなりました(笑)

ハンドル周りはこうした独特な形状になっています。
ハンドルバーの両端にあるのは腕(肘)を乗せるサポート。

実際に腕を乗せるとこんな感じに。

ハンドル操作は「手」ではなく、肘を中心に身体を左右にきるイメージです。
両肘が固定できるので以外とハンドル操作もスムーズに行えますよ。

フットペダル周りも作業完了!

広くないスペースですが、お客様にご協力戴けたお陰で
ペダルの操作性や足の置きやすさなど満足して戴ける仕上がりとなりました!

ペダル周りのメンテナンス性を考慮して、フロアボードレス仕様としております。
フロアボードの代わりに足を置くための特製パネルを取り付け、剥き出しのフロアボードをメカメカしく演出☆

その他、ハンドルには補助ブレーキを設置しております。
これはお客様自身ではなく、ご家族やご友人が車体を移動させる時など便利な仕様ですね。

因みにこのブレーキは前後ブレーキと連動したコンビブレーキとしております。
(書いておかないと伝わらない施工内容も多いんです(苦笑))

この他に細かな調整・加工もありましたがいよいよ完成です!

いつものカスタム作業とは勝手が違いましたが、こうしたご依頼を戴けてとても良い経験をさせて戴きました。
T様 ご用命戴きまして誠にありがとうございました!

お客様の熱意があってこそ完成した車両ですので、ご愛車と一緒に沢山お出かけしてくださいませ。
楽しい思い出が増えてくれたらご依頼戴いた甲斐がございます!

 

以前には車イスを積載可能なカスタム車両を製作させて戴いたこともございますので
宜しければこちらも併せてご覧くださいませ。

 

ご依頼戴きました車両のご紹介でした!
それではまた次回のブログでも宜しくお願いいたします~!

 


ズーマー66ccボアアップもご好評戴いております☆

19/09/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。
TOKYO PARTSのカナスギでございます。

9月になって少し暑さも収まってきて、バイクで走るのにも丁度良い季節になってきましたね!

さて、本日のブログは「66ccボアアップ」のご紹介です。
今回はこちらのズーマーをボアアップさせて戴きました!

ズーマーらしいオフテイストさと人気のローロングカスタムとをバランス良く取り入れて戴きました!

66ccボアアップはブログでのご紹介もお馴染みになってきましたが
それだけ皆様にご興味を持って戴けていると云う事だと思うと大変ありがたいことでございますm(_ _)m

お陰様でご依頼戴いたお客様からはご好評を戴いております!

以前ご紹介させて戴いたイエロー&ブラックZOOMERのお客様にも走りの違いを感じて戴きまして
ボアアップ後のインプレッションをオーナー様のブログでもご紹介して戴きました!

G様によるボアアップインプレッション記事はコチラから

私がご紹介するよりも判り易くまとめて戴いておりますで是非ご覧ください(笑)

 

それでは作業の様子をご紹介してまいります!

エンジンの分解作業をしながら内部部品の摩耗具合を確認。
長年乗って戴いていると、カムチェーンが伸びてくるなど、普段目に触れない部品もお疲れだったりするのが分かります。

お疲れの部品を交換してあげることで施工後もまた安心してお乗り戴けますね。

分解する為にエンジンを洗っていますが、汚れが頑固だったのでウェットブラストでリフレッシュします!

ウェットブラストについてはコチラをご覧くださいませ☆

ウェットブラストのビフォー、アフターでこんなにも綺麗に☆

錆びの酷かったフライホイールも綺麗になって見違えちゃいますね!

エンジンの分解・洗浄と併せて燃焼室の容積UP加工も行っています!
燃焼室加工後は液体による容積測定もしっかり行っております。

専門の加工業者によるボーリング加工後は、いよいよビッグピストンと組み上げ開始です!

ピストンの大きさも比べてみると随分大きく見えますよね。

シリンダー側もボーリング加工の前後でこんなにもサイズの変化が!

50cc → 66ccと言われると少なく思われるかもしれませんが、内部ではこれだけサイズアップされてるんですよ。

 

こちらのお客様の施工内容では「WPC加工」のご依頼も戴きました!

■WPC加工につきまして■

WPC加工とは金属への表面加工処理の一つです。
(主に金属の疲労に対する強度向上と摺動(シュウドウ)性向上を目的とした加工となります。)

とても細かな粒子を表面にぶつけて、焼き入れと同時に金属表面に細かな凹凸を生成します。
表面に均一に出来た微細な凹凸にオイルが入ることで
金属同士が接触する面に油膜面を維持出来るの為、油膜面により摩擦が軽減されます。
摩擦が軽減されることで、摩擦によるロスや摩擦熱や抑えられ、より部品の性能が発揮されます!

という仕組みになっております!
(写真のピストンが少し曇って見えるのはWPC加工によって表面に細かな凹凸があるからです。)

こうした内容ですので、ボアアップやエンジン内部のパーツにはピッタリの加工ですね。

さて、エンジンを組み上げていきます!

写真からも感じて戴ける様に、黙々と集中して作業を行っております。
大事なところなので撮影している側も思わず緊張してしまいます(笑)

こちらが組みあがったエンジンユニット!

組みあがってしまうと、純正時との違いは外側からは判断がつきません(苦笑)

ウェットブラストのお陰でもピッカピカ☆
指やブラシが入らない細い溝といった部分もこんなに綺麗になりました!

ボアアップ加工と合わせて、内側も外側もまさに生まれ変わったエンジンですね。

車体組み合わせて、セッティング作業を終えたらいよいよ完成です☆

ウェットブラストで綺麗に仕上げたエンジンを車体カラーに合わせてブラックペイント!
汚れやオイルの焼き付きもさっぱり落ちるので、ペイント前の下処理としてもお勧めです。

ペイント効果でエンジン周りが引き締まって見えますね~。

 

Den様 この度のご依頼誠にありがとうございました!

50ccでは物足りなかった走りが変わったと気に入って戴けて良かったです。
これからもズーマーライフを是非お楽しみ戴けましたら幸いでございますm(_ _)m

 

今回は66ccボアアップのご紹介記事でした!
それでは次回のブログでも宜しくお願いいたします。

 


【ご協力お願いいたします】メールでのお問い合わせにつきまして

17/08/17 コメント 0

皆様どうもこんにちは!

皆様へメールでお問合せ戴きます際にご協力をお願いしたいことがございます。
お手数ではございますが、ご確認とご協力戴けます様宜しくお願い申し上げます。

 

■メールにてお問い合わせを頂戴しますお客様へ■

皆様からメールでのお問い合わせを頂戴しておりますが
メールの受信設定か何かで一部のお客様へこちらからのご返信が届かない場合がございます。
※特に携帯電話(docomoアドレスの方)からお問い合わせ戴く場合に多いです。

お手数ですが弊社のドメイン指定を解除戴くか(@tokyo-parts.co.jp)、迷惑メールフォルダも確認して戴けると助かります。

もしご返信メールが届かなかった場合の為にお送り戴く文面に
お客様のお名前とご連絡先の電話番号をご記載戴けますと有難く存じます。

または、下記アドレスをご登録お願い致します。
(ご注文時の注文確認用自動返信メールやお問合せへのご返信時には下記アドレスからのご連絡となります)

info☆tokyo-parts.co.jp

order☆tokyo-parts.co.jp

※☆印は@に変更お願いいたします。

 

また、畏れ入りますが携帯電話(ドコモなど文字数制限もあるので)からのご送信ではなく
出来るだけパソコンからの送信を頂戴出来ます様、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 

TOKYO PARTS

 

ご返信したくてもアドレス以外のご連絡先が分からず…といったケースが少なくありませんので
皆様ご協力の程宜しくお願いしますね☆

もし、最近でお心当たりのあるお客様は改めてご連絡お願いします。

あ、あと件名も書いてください(笑)
迷惑メールと勘違いする事もありますのでこちらも宜しくお願い致します(本当にお願いします(笑))

 

それでは皆様後協力のほど宜しくお願い致します。


こちらのコンプリートズーマーもスゴイですよ☆

10/08/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!

夏は暑いですがオートバイで走ると風が気持ち良いですよね!
(信号待ちは大変ですが(苦笑))
今回は、気持ちよく乗って戴ける、そんな販売用のカスタムズーマーをご紹介いたします☆

どちらの車両もTOKYO PARTSで製作したコンプリートモデルですので
是非ご覧戴ければと思います。

まずはこちらのズーマーから!

ズーマーカスタムでも人気高いローロングスタイルをクリーンに仕上げたこちらの一台☆

12インチ8Jワイドホイールの迫力あるリヤ足周りに、前後ホワイトウォールタイヤを装着し
ローダウンフォーク&直吊りフレーム仕様とポイントを押さえた施工内容でございます。

スマートなスタイルとアクアブルーメタリックカラーのマッチングと
ホワイトウォールタイヤの組み合わせがオシャレにキマっています☆

フロントはDIO系ローダウンフォークを加工により更にローダウン!
120/70-10サイズの純正よりも一回り小さいタイヤと組み合わせても凝縮感が損なわれていません。

低いだけでなく、前後フォークも適度なクッション性があり乗り心地も良好です。

ZOOMANIA ビレットハンドルクランプとDAYTONA ミニコンドルバーでハンドル周りもロースタイルに。
ミニコンドルバーの適度な高さが低いながらも無理のないハンドルポジションになっています。

スピードメーターもフロントBOXに埋め込むことでスマートなハンドル周りを演出です☆


ヘッドライトはIPF製フォグランプをマウント!
シンプルな形状とコンパクトなサイズでクリーンな車体にもマッチしています。

テールランプも極力シンプルなパーツを選択し、よりスマートな印象に仕上がりました!

直吊りタイプに加工したリヤフレームにはMNNTHBXのシートフレームを組み合わせて長さと低さを強調☆

NattyWorks studio製マフラーを装着し、迫力のワイドホイール&ホワイトウォールタイヤをさらにアピールするスタイルです。

スマートなスタイルになる様に意識したのはキャブ周りやフロア周りも☆

エアフィルターはキャブ直付け仕様に変更して
ラジエターリザーブタンクもZOOMANIA ミニリザーブタンク&ステーKITに変更してスッキリしながらもカスタム感もバッチリ!

フロア周りもステップやZOOMANIA ガスタンクサイドプレートなど、シンプルですが
ちょっと見た目の変化を感じられる様にしております。

 

■車両詳細ページはコチラから■

 

スマートでオシャレなスタイルを楽しんで戴ける、そんなカスタムズーマー!
この機会に是非ご検討くださいませ。

 

そしてもう一台もご紹介☆

オリジナルパーツの多数装着をはじめ、フロントディスクブレーキ化や
貴重な10インチ8Jの極太なリヤ足周りの他にもオールペイントにバーハンドル化など
カスタム内容も盛り沢山なTOKYO PARTS製作のコンプリートモデルでございます!

ズーマーらしい無骨なイメージを残しながらも、カスタム感とクリーンな印象の車体になっております。

クリーンな仕上がりと爽やかなカーラーのオールペイントと相まって
ストリートシーンでもオシャレに乗って戴ける、そんなズーマーとしてもお楽しみ戴けます☆

ヘッドライトはLEDユニットを使用したオリジナル品☆
純正では物足りない明るさを確保すると同時に純正チックでそれでいてカスタム感があるというのがポイントです(笑)

テールランプはZOOMANIA LEDテール&ウィンカーKITをシート後方へ装着!
ナンバーもシート下に移設することでリヤ周りもスッキリコンパクトになっております。

ハンドル周りもスッキリとクリーンな仕上がりとしております。
ZOOMANIA ビレットハンドルポストにはブレース付きハンドルバーを組み合わせてBMXの様なアクティブさを演出。

ドライカーボン製のセンターバーもフレーム剛性UPだけでなくアクティブな走りを感じさせます

左右でハンドルスイッチ(右はマスターシリンダー)が異なりますが
ブレーキレバーを左右同じに揃えているのも嬉しいポイントです☆

フロント足周りはズーマー純正ホイールを使用しながらのディスクブレーキ化!

オリジナルのアダプターを製作してディスクローターを装着し
USでも装着率の高いF319N/FEIGN ローダウンフォーク&4potラジアルキャリパーを組み合わせました。

ディスクローターはSHIFT UP 220mmフローティングディスクを選択。
シルバー&ブラックで揃えた見た目のカスタム感もですが
4potキャリパーと220mmディスクローターの組み合わせで制動性は抜群です!

リヤ足周りはご覧の迫力!!

今では貴重な10インチ8Jのワイドホイール&INNOVA製タイヤを組み合わております。
ズーマーの無骨でワイルドな雰囲気とをより強調する足周りは
迫力のリヤビューは10インチという数値以上の存在感を楽しんで戴けます!

ホイールを隠さず、フレーム沿う様に装着されたマフラーが更に足周りのカスタム感を演出☆

ズーマーらしい無骨なイメージだけにはならない様にフロア周りやエンジン周りはスマートな組み合わせとしました。

オリジナルのドライカーボン製センターバーやガスタンクカバー、フレームブレースといったパーツの他
ガスタンク周りにはアルミサイドプレートをピカピカに磨いて装着☆
フロントネックカバーも同様に磨いて装着しており、それらのパーツが車体の高級感を醸し出していますよ!

エンジン周りにあるリザーブタンクやフィルターも
コンパクトなパーツに変更することでキュッと引き締まるのでホイールやフレームなどをより印象付けられます。

四角いタイヤなので「曲がりづらいのでは?」と思う方もいらっしゃると思います(笑)
確かに普通のタイヤよりは曲がりづらいですが、先日のイベントではこちらの写真の様にコーナーを攻めることも可能です☆

エンジンは始動性や燃費などに優れたインジェクションモデルを搭載することで
普段の移動手段としてもお使い戴ける仕様に。

カスタム車両としての格好良さと移動手段のツールとしてもお勧めしたい車両でございます。

 

■車両詳細ページはコチラから■

 

各所に装着されて弊社オリジナルパーツにより、ズーマーらしくも他にはないそんな特別なズーマー!

この機会に是非ご検討お願いいたします。

 

TOKYO PARTS製作のコンプリート車両販売のご案内でございました!

それではまた次回のブログでも宜しくお願いいたします~!

 


委託販売車両掲載のご案内

10/08/17 コメント 0

皆様こんにちは!

夏の暑さも厳しいですが、皆様は夏バテとかしていませんか?
何だか、この時期は毎年体調を崩している様な気がします(笑)

皆様もこの暑さを乗り切るべくしっかり食事を摂ってくださいませ!

今回はお客様からお預かりした委託販売車両のご案内です。
キレイな車両ですので是非ご覧戴ければと思います。

それでは早速写真をご紹介!

1980年代の車両とは思えない美麗なボディの艶めきと
現在でもスポーツモデル愛好家に評価される走行性を兼ね備えた、HONDA G’(ジーダッシュ)カスタム!

更にハワイ等の海外バイクガイたちの間では輸入JDMスポーツスクーターとして非常に人気が高く
パワー&スタイリッシュにカスタムする素材としてフューチャーされております。

写真でもお分かり戴ける様に、前後足周りはギリギリまでローダウンされ
そのローダウンから生まれたスタイルはご覧の仕上がりになっています。

フロントホイールには絶版品のWORK&TAKEGAWAコラボモデルを装着し
スマートなブレーキ周りはUSシーンでも人気のF319Nフォーク&キャリパーをマウント!

ヘッドライトカウルをDIOフェイスをスワップ&イエローレンズ仕様に変更。

メーターにはTAKEGAWA製マルチメーターを埋め込まれるなど、一筋縄ではいかないカスタム内容となっております。

また、シート下にある燃料タンクにはカーボン柄の転写加工が施されていたり
タンクキャップはRucksters製キャップを装着されていたりと
新旧の組み合わせによるカスタムメイクは思わず目を惹く車両になっております。

 

オールペン&磨かれて艶を帯びたボディとアルミホイール&フォークの見た目は
店舗ディスプレイとしてもオススメでございます。

■車両詳細ページはコチラから■

※中古車ベースでのカスタム車両の為に
一部カウルのハメ込みなど難がある箇所もございます。
車両詳細ページをご覧戴くのと併せて、実車でのご確認を推奨いたします。

2stエンジンの走りと美麗なボディメイクの両方をお楽しみ戴けるこちらの車両を
この機会に是非ご検討くださいませ。

今回は委託販売車両のご紹介でした!
それではまた次回も宜しくお願いいたします。

 


 Page 3 of 34 « 1  2  3  4  5 » ...  Last »