light_square

Categories

ZOOKも格好イイですね!

19/03/16 コメント 0

皆様こんばんは!

久しぶりにブログの更新でございます!
「全然ブログ更新しないじゃないか!」と、このブログをご覧戴いている方には申し訳ございません・・・。

でも、サボっていた訳ではないんですよ!(汗)

最近は主にFacebookで作業の様子などご紹介させて戴くことが多くなっておりました。
ブログの更新は滞っておりましたが
その分、Facebookは結構な頻度で更新しておりましたので、ご容赦をくださいませ・・・!

今後はブログとFacebookを上手く両立できる様にがんばり(たいと思っており)ます!(苦笑)

日々のちょっとした事などFacebookでご紹介することも多いので
こちらのTOKYOPARTS Facebookページも是非覗いてみてくださいませ☆

※Facebookに登録していなくてもご覧戴けます。
スマートフォンの方はブラウザを「PCサイト版」などにして戴けると見やすくなると思いますよ。

 

・・・と、前置きが長くなってしまいましたが、今回は完成車両のご紹介になります!

ブログのタイトルでバレバレですがTOKYOPARTSで作業させて戴いた
HONDA ZOOK(ズーク)のカスタム車両をご紹介です(笑)

今回のご依頼では懐かしのZOOKに、これまた懐かしい2stエンジン(縦型DIO)をスワップした
当時をしる方には懐かしく、若い世代の方には新しく感じるそんなカスタム車両になりました!

思わず2度見してしまう 個性的なスタイルが特徴のZOOKですが
1990年の発売から25年以上も経っているので、もしかするとこの車両をご存知ないという
若い方もいらっしゃるかも知れませんね(笑)

どこがカスタムされているのか伝わらない畏れもありますので純正の画像も掲載しておきます!

こちらが純正の状態ですが、この状態で既にかなり個性的なスクーターです(笑)

それでは改めましてカスタム箇所のご紹介になります☆

まずはエンジンスワップから!

先ほどもお伝えしましたが、今回はAF18 DIOの縦型エンジン(現在は横型が主流です)をスワップいたしました!
ワンオフのロングエンジンハンガーとリヤショックマウントで、ロンホイしつつスタイルバランスを整えています。

2stエンジンならではのパンチの効いた加速は乗っていて楽しくなること請け合いですね。
メカメカしいエンジン周りの外見も相まって凄く速そうな雰囲気です☆

エンジンスワップに併せてマフラー、キャブレターも交換いたしました!
(マフラーは撮影時から更に変更されております)
この時代の車両にはやっぱりチャンバーやスポーツチャンバーが似合いますね!

蛍光イエローにペイントしたホイールとZOOMANIAリヤフェンダーのソリッドな雰囲気は
自然と軽やかな走りをご想像されるのではないでしょうか。

ファンカバーの中にはホイール同色にペイントしたTPロゴプレートを取り付け。
ツヤっとブラックにペイントされたカバーとの対照が綺麗です☆

フロントホイールはZOOKっぽさを残して、純正ホイール仕様のペイント仕上げ。
フロント8インチ、リヤ10インチ&ペイントの塗り分けでアシンメトリーな足回りとなっております!

フォークブーツとフロントフェンダーはお引渡し前に交換、装着しておりますのでご安心を。
(後日交換した後の撮影忘れてしまいました(苦笑))

ミラーはバーエンドタイプを流用しておりますが、ハンドル周りはメーターやカバーは純正のままとしております。
純正のままではありますがペイントすることで雰囲気も変わりますね。

TOKYOPARTSロゴはスッテカーではなく、ペイント仕上げですので安心して洗車できるはポイントです☆

純正シートをベースに生地も張替え済みです☆

シートの張替えは車両の個性が出てきますね~!
ZOOKはご覧の様に小さなシートですが、大きさに関係なく印象的なシートになりました。

シート下には予備のフューエルタンクも取り付けました!

車体に合わせてなのか、純正タンクの容量が2リットルほどしかないので不意なガス欠が心配に・・・。
そこで予備タンク(2リットル)の登場ということです!
予備があると思うと安心して乗れますね! 私は小心者なので予備があると安心します(笑)

使い勝手の良い様にステップペグも装着!
これなら乗り方に合わせて足のポジションも変更できますね。

ボディのロゴもペイントで仕上げてあります! 純正ZOOKロゴを模したデザインで違和感無くまとまっています。

こちらの車両はロゴデザイン製作、ペイント共にdoctor R design works様にご協力戴きました。
いつもながら格好よく仕上げて戴きありがとうございます!

そんなこちらのロゴ「ZOOMAX 95」ですが、ZOOKと何の造語かといいますと・・・・。

当時もの凄く大人気だったNIKE AIR MAX 95 !

大変人気だったので若い方でもご存知だと思いますが
30代以上の方だと当時の人気ぶりを思い出されるかと思います!

今回の車両製作でシート張替えやペイントするにあたりオーナー様とのお打ち合わせで
こちらのスニーカーをモチーフにやってみましょう!と盛り上がりました(笑)

こうして改めてご覧戴くと、ボディカラーや前後ホイールの塗り分け、シート生地など
AIR MAX 95 のカラーを上手く取り入れられているのが分かりますよね。

スニーカー同様にオシャレで楽しく乗って戴けるそんな格好イイZOOKになりました~!
オーナー様のアイディアが光ってますね☆

Nishimura 様 この度はご用命戴きまして誠にありがとうございました!
是非楽しみながら乗って戴けたらと思います。

ありがたい事にモトチャンプ(2016年4月号)にも掲載して戴きました☆

オーナー様をはじめ、ご協力くださった皆様のお陰でございます。どうもありがとうございました!
と、今回はカスタムZOOKのご紹介でした。

最近ではまた80年代~90年代初頭くらいの車両が盛り上がっているので
眠っている車両をお持ちの方はこれを機にもう一度遊んでみるのはいかがでしょうか!
きっと当時を思い出して楽しいと思いますよ(ニッコリ☆)

それではまた次回のブログでお会いしましょう~!


こちらのカスタム車両が大幅値下げです☆

13/02/16 コメント 0

皆様こんばんは!

今日は季節はずれの暖かさですね。
思わず「暖かいってありがたいなぁ」と声が漏れてしまいます(笑)

今回はそんな陽気に合わせてか、皆様へお得な情報のご案内でございます。
現在販売中のカスタム車両が大幅プライスダウンです~!

以前にもご紹介いたしましたが
新車ベースのカスタムで総走行距離は770kmほどという
とっても状態の良いフルカスタムZOOMERとなっております☆

こんなに状態の良い車両をご紹介出来るのは本当に稀でして
尚且つ、大幅プライスダウンとなると益々オススメしたいZOOMERでございます☆

これからZOOMERの購入を検討されている方は勿論
こうしたカスタムを考えていらっしゃる方にもオススメしたい車両ですので是非ご検討くださいませ~!

ディスクブレーキ化、12インチホイール交換化、ワイドホイール(12インチ8J!)化といった
手間や費用の掛かるカスタムは既に施されておりますので
こちらをベースにもっとロングホイールベース化してみたりと、更ににご自分好みに弄って戴くのも宜しいかと☆

 

気になる価格ですが・・・

625,000 円 → 425,000 円(税抜き) という大幅プライスダウン!!

 

■車両ご紹介ページへ

■車両販売ページへ

先程もご紹介しました様に、この状態でこの価格は滅多にご紹介出来ないと思いますので
この機会を是非ご検討くださいませ

車両に関してのお問合せもお気軽にどうぞ!

 

こちらの車両も只今期間限定での特別価格ですので、是非ご検討くださいませ☆

当時モノ貴重パーツ多数装着!
前後12inchホイール装着フルカスタム車輌

ヨシムラサイクロンをはじめとした絶版人気パーツが多数装着されておりますよ~☆
こういったパーツは今では入手困難ですのでこのチャンスに是非どうぞ!

 

今回は販売車両プライスダウンのお知らせでした!
それではまた☆


ヨシムラサイクロンをはじめ、稀少パーツ多数装着なZOOMER販売中です☆

02/02/16 コメント 0

皆様こんばんは!

冬将軍が随分と張り切っているこの今日この頃ですが
皆様体調など崩されておりませんでしょうか!
TOKYOPARTSも「寒い!」、「指がかじかむ!」などと言い合いながら頑張っております(笑)

 

今回は販売車両のご案内です!
今でも人気のヨシムラ製サイクロンマフラーをはじめとした、絶版パーツを多数装着しているZOOMER!

ヨシムラサイクロンの他にもPIAA P-3000フォグランプやDAYTONA製12インチプレーンホイールなど
「欲しいのに手に入らない!」 といったパーツが多いのは魅力的ではないでしょうか☆

稀少パーツもさることながら、バランスの良いローロングスタイルに仕上がっているので
カスタム車輌の購入をご検討されている方にもお勧めですよ~!
更に!今回は期間限定での特別価格でご案内しております!!

通常販売価格:278,000 円(税抜き)のところ
特別価格198,000 円(税抜き)でのご提供となります☆

2月1日 〜 2月15日までの期間限定での特別価格となりますので
是非お早めにご検討くださいませ!

※2月16日以降は通常価格となります。ご注意ください。

■車輌の詳細はコチラから■

寒い時期だからこその特別価格ですので
皆様是非ご検討ください☆

お問合せもお待ちしております~!


スクーターチャンプ2016の表紙になりました!

30/01/16 コメント 0

皆様こんばんは!

2016年もとうとうはじまりました!(もうすぐ2月ですが・・・) 今年最初のブログ更新でございます。
新年のご挨拶どころか寒中見舞いのご挨拶ですがご了承くださいませ(汗)

Fscebookではご挨拶させて戴いておりましたが、こちらでも改めましてご挨拶させて戴きます。

皆様からのご愛顧を戴けます様、スタッフ一同努めて参りますので
本年もTOKYOPARTSをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

と、ご挨拶させて戴いたところで、なんと、ナント!
昨年末に発売されました「スクーターチャンプ 2016」の表紙に弊社製作車輌が表紙を飾らせて戴きました!

年に一度発刊されるスクーターチャンプで表紙というのは滅多にあることではないので
恐縮すると共に大変ありがたいことでございます。

スタジオ撮影して戴いた写真データを頂戴しましたのでそれらの写真を交えながらご紹介していきます!
プロカメラマンの写真はやっぱり凄いですね!

ご覧の様に長さも低さもですが、全体的に何だか凄いことになっているZOOMERですが
手の入っていない箇所は全然ないくらいのフルカスタムとなっております!

前後12インチの2ピースアルミホイールのフロント4J、リア8Jという迫力の足回りに合わせたのは
フロントはローダウンフォークを更にローダウン加工した特製フォークと
Brembo 4POTキャリパー装着により、ホイールに負けないブレーキ周りとなっております!

ステムもこだわりのワンオフ品!
アルミビレットのステムは前方へ1インチオフセットした仕様となっております。

その理由はと言いますと・・・

通常のステムではフロントをギリギリまでローダウンするとタイヤとメインフレームが干渉してしまうのですが
このワンオフステムなら干渉を避けながら全長をもっと長く、フロントも更にローダウンとなります☆

ヘッドライトはRigid Industries製にてLED化!
商品の質、明るさ共に一クラス上の商品ですので本物志向の方にもお勧めしたいライトですよ。

前後ホイール共にホイールディスク部分はスカイブルーにアルマイト加工済み。
リムの輝きと相まって色合いが鮮やかですね!

リアホイールにおいては8J(3+5J)仕様となっておりますが、装着するには相当の手間が掛かっております!

ワンオフエンジンハンガー&フレーム抉り加工をはじめ
ホイールハブDISH面の加工は勿論の事、センターキャップの裏側に迄加工させて戴くことで
本来装着不可能とされている組み合わせを実現しております。

さり気なく写真に写っているラジエターカバーはアルミビレットのワンオフ品でございます☆
大胆なデザインと厚みのあるパーツでして満足度の高い仕上がりになりました!

特徴的なハンドル周りにはプッシュウィンカースイッチをハンドルバーに埋め込んで
ワンプュシュでウインカー作動を実現させております。

スッキリしたハンドル周りに仕上げることで、ハンドルバーの形状をより強調できますね!

フロントBOXには日章旗模様のゴーストペイントが☆
光の当たり方で見えてくる隠れたオシャレペイントですよ~!

こちらの車輌のペイント施工はdocter R designworks 様にご協力戴きました。
今回もありがとうございました!

フレームの造形にもオーナー様の熱意とショップの努力が詰まっております!(笑)

センターフレームのマウントや一体型シートフレーム製作&溶接等施したワンオフフレームなのですが
特徴的な造形のフレーム部分では、太さの違うパイプを実際に何度も溶接、取り付けしながら
一番美しく見える寸法を導き出し、ワイヤータック仕様とすることで配線類をスッキリと納めて います。

細かいところでは各フレームの繋ぎ目や溶接跡をスムージングすることで滑らかな仕上がりとしております。

その他にも、ロンホイすることで生まれたスペースを利用してステンレスバッテリーBOXを装着!
バッテリー交換の際はフレームを分離しないとバッテリーが外せないですが、全てがオーナー様の拘りの賜物かと思います。
普段見えないはずのバッテリーを敢えて見せるというのもカスタムならではですね。

エンジンハンガーはビレット部分が取り外し・交換ができる様に工夫いたしました!
こちらも最適な高さを見つけるべく5mm刻みで寸法の違うビレットマウントを製作したこだわりのパーツです。
ビレットマウントを組み替えることで車高の調整も可能となります!

ビレットマウントの他にエンジンを下部側からも支えることでリアサスペンションレスとなっております。
本来在るはずのリアサスペンションがこの車輌には無いのですが
他の部分のインパクトが強いのであまり気付かれないのが残念です(苦笑)

車輌の中でも特徴的なのがこちらの2本出しのセンターフレームです!
国内製作したワンオフパーツですが、加工内容が凄いことに・・・。

ご覧の様に上下左右からの加工となっています。
こうした加工品を見ていると日本の技術力の高さに改めて驚かされますね!

勿論オーナー様も気にいって戴いているポイントとなっております☆

「・・・あれ?でもこれってガソリン給油できないのでは?」と疑問を抱かれた方もいると思いますが・・・

下側のセンターフレームは前方に設けたピンの脱着で写真の様に持ちあげることが可能となっております。
安心してください、 給油できますよ☆

給油の時に手間と思われるかも知れませんが
こうしたちょっとの手間が入ることで単なる給油も楽しく思えるといった寸法です(笑)

フレームの加工ではメリケンサックをモチーフにしたフレームガゼットを製作&溶接。
意外と気付かれないかも知れませんが、こうした遊び心もオシャレですよね。

ナント!フレームサイドキャップにはLED付きプッシュスイッチを埋め込んで
ドレスアップパーツに実用性を付加したパーツになっております!
(左右のそれぞれがスタータースイッチ、ヘッドライトのON/OFFスイッチです。)

スイッチの配線はフレーム内部を通しているので、パッと見た目ではスイッチと気付かれないのが
ショップとしては嬉しくもあり少し残念でもあります(笑)

スラッシュカットでシャープなこちらのマフラーですが・・・

車体の左右にサイレンサーを取り付けた2本出しマフラー仕様となっております!
エキパイをはじめ、ステーやサイレンサー本体もワンオフ製作ですが
こちらも出来上がるまでには思考錯誤の繰り返しでした笑)

シート下にキャブレターが納まらないくらいに車高が低くなっているために
専用のマニホールドを製作してキャブレターを装着しております。

ここまでしないとキャブが装着出来ない位の車高もオーナー様こだわりのポイントです!

車高が低いので擦ったりした時のキズ軽減用のスキッドプレート(ワンオフ製作です!)も装着済みです。
こちらのパーツも思い切った車高だからこそですね(笑)

一見すると一般的なテールランプに見えますが
GROM用純正テールランプをベースに内部のLEDを全て入れ替え、ウィンカーも内蔵した仕様に!

その他、テールランプやウィンカーのLEDが流れる様に点灯したり
それぞれの点灯スピードや点灯パターンも別途設置したスイッチで調整できる仕組みになっています

夜間なら余計に目立つこと間違いありません(笑)

 

こうしてご紹介させて戴いていますと
「何だかスゴイ車輌だな!」とブログを書いている本人でも思ってしまいます!

オーナー様や、ご協力くださった各業者の方々にもそう思って戴けましたら有り難いですね。

こうした車輌製作の機会を戴けたことと、弊社を信用してご依頼戴けたオーナー様には大変感謝しております。
ご協力くださった各業者の皆様、お陰様で格好イイ車輌に仕上がりました!

Nishimura様 この度はご依頼くださいまして誠にどうもありがとうございました!
注目される車輌だと思いますので、ついでにTOKYOPARTSも宣伝お願いいたします(笑)

同様な車輌製作費用はベース車両費用別180万~にて製作可能です。

 

今回の雑誌にはその他にも弊社で製作させて戴いた車輌が複数掲載されております☆

Nakamura様号ご紹介ブログはコチラから

Blackster様号ご紹介ブログはコチラから

Yasunaga様号(ページ上段)ご紹介ブログはコチラから

Takeuchi様号(ページ下段)ご紹介ブログはコチラから

Ishikawa様号ご紹介ブログはコチラから

どちらの車輌もオーナー様のこだわりと熱意がたくさん詰まっておりますので
是非ブログや雑誌と併せてご覧戴ければ嬉しいです☆

 

それでは今回はここまでに。
また次回のブログで宜しくお願いいたします!


2015今年もお世話になりました

29/12/15 コメント 0

本日12/29日で2015年最後の営業をさせて頂きました
今年も1年が本当にアッと言う間に過ぎました。
改めまして今年も無事に1年終われたのもTOKYOPARTSを信頼して下さる皆様、各業者様のお陰です
2016年も皆様にとってより良い年となります様に!
STAFF一同更にパワーアップしたTOKYOPARTSを目指してまいりますので皆様どうぞよろしくお願い致します。


ローロングでワイドホイールなS-MAXもカッコイイです!

26/12/15 コメント 0

皆様こんにちは!

あっという間にクリスマスも過ぎ・・・もう街中は一瞬にして年末の準備ですが
街中では無い弊社は相変わらず日々お客様の車両を携わらさせて戴いております!

今回は大人が見ても魅力的なマジェスティSことS-MAXのカスタム完成車両のご紹介です!

それでは全体写真からご覧ください。

落ち着いたカラーリングながらも
ローロング&ワイドホイール装着をはじめ、セパレートハンドルにフレーム加工と
各所に手の入ったカッコイイS-MAXに仕上がりました!

派手ではないボディカラーが足周りといった車両のポイントを強調しているのかも知れません。
一目見ただけではS-MAXと気付かないかもですね(笑)

ヘッドライトは社外製プロジェクターレンズへ変更し、フロントマスクも装着!
本来アッパーカウルとセットの商品の様でしたが
上部のボリューム感が出てしまう為に 今回の車両は下側のマスクのみ装着!

このマスクカウルが小さいパーツながらも純正とは違う表情を演出しております。
これだけでも随分雰囲気が違って見えますよね。

フロント足周りもフロントフォークからブレーキキャリパー、ディスクローターなど
ほぼ全てのパーツが交換となっております!

Brembo 4POTキャリパーにビッグディスクローターで見た目通りの力強い制動力をしっかり確保。
ローダウン具合に関しましてもオーナー様と何度も現車にてお打ち合わせをさせて戴き
低過ぎない上品さを残した高さに設定させて戴きました。

前後のホイールはFLP製アルミホイールをご装着。
フロントは13インチ4.5J、リヤはオフセット違いの13インチの8Jを2セット(!)用意し
リムの組み換えで9Jにしております!

ホイールディスクは薄めのパープルアルマイトで足元をさり気なくアピール☆

13インチ9Jの迫力が車体の大きさにも負けておりません☆

こちらのリヤの製作にも随分と力が入っております!

S-MAXはノーマルホイール装着時ですとホイールの右アームはこうした収まりとなっており
リヤディスクブレーキのローターも車体(を跨いで)右側に取り付いておりますが・・・

13インチ9Jというワイドホイールを装着する為、純正アームでは取り付けが出来ません!

と、いう事でワンオフのワイドホイール対応アームの製作となります☆
ホイールやエンジンとの納まりを考えながらなるべく見栄えも良い様に調整しながらの製作です。

ホイールシャフト部にはベアリングも組み込んでおりますが
ボスの長さが長い為ベアリング勘合部旋盤で荒削りし、その後パイプと印籠にてはめ込み溶接。
更に軸の芯を出す為ベアリングはめ合い隙間にて旋盤加工を施しております。

文章で書くと大した事では有りませんが、実際には非常に手間が掛かった作業内容です。
無論サークリップ溝も予め加工をしたうえでの取り付けとなっています。

その他にもワイドホイールをより強調できる様にディスクローターの位置も移動致しました。

ワンオフでリヤホイールハブを製作し、同じくブレーキキャリパーマウントも製作しながらの仕様変更です。
これなら折角のワイドホイール&深いリムがディスクローターに隠れずに済みますね。

今回の車両ではワンオフのオフセットエンジンハンガーを製作しておりますが
車高やスタイルバランスを考慮して、メインフレーム側にも大きな加工を施しております。
エンジンハンガーやフレーム使用するパーツも
車体の仕様に合わせて一つ一つ図面を起したりしながらの作業となります。

手間の掛かった部分ではありますが、オーナー様も納得してくださったので安心しております(笑)
通常のロンホイKITでは出来ないスタイルですが、そこはワンオフ加工ならではの仕上がりとなりました。

ハンドル周りも一味違った雰囲気に仕上がりました!

FLP製のRUCKUS(ZOOMER)用セパレートハンドルをワンオフのアダプターを介して装着。

ハンドル使用するスイッチBOXやグリップ等の高さやハンドル操作時の事を考慮に入れながら
なるべく低く納まる様に製作しております。

実用性と見た目の両方とも大事ですよね。

セパレートハンドル本体と合わせて
ビレットのグリップやフルードタンクもブラックアルマイトを施しています。

ハンドル周りがブラックになることで随分と締まって見えるので
視覚効果的にもスッキリとした仕上がりを演出できます!

マフラーはAKRAPOVIC(アクラポビッチ)製をご選択戴きました!
ヨーロッパの有名メーカーでして、日本でも大型、小型の車両問わずにファンの方もいらっしゃると思います。

通常ではもっとサイレンサーが長いのですが
サイレンサーをショート加工し、サイレンサー位置を車体の雰囲気に合う様に移動しております。
ワイドホイールの存在感を邪魔せず、コンパクトに納まめながらもマフラーの存在感もちゃんと出ていますよね。
この辺りの作業もオーナー様とのお打ち合わせを重ねながら行っております。

サイレンサーステーやエキパイの取り回しなどは仕様変更した車体に合わせてのワンオフ製作・加工ですので
お客様のご希望に合わせた加工が可能ですよ~!
皆様も是非自分だけのオリジナルな仕様を楽しんでみてはいかがでしょう☆

駆動系カバーにも一手間加えておりまして・・・

純正品っぽく見えるこちらのカバーも 実は細かく肉抜き加工してオープンプライマリー仕様としています。
これもオーナー様のセンスとこだわりポイントの一つですね。

何気なく付いているサイドスタンドも実はローダウンした車高に合わせて
通常取り付け位置からフレームに加工を施し変更しています。

その他にも・・・

セルスイッチの移設や

フレーム補強用のセンターバー(ZOOMER用パーツ流用/フレーム要加工)の取り付けや

シート張替え(スポンジ整形あり)なども行っております!

どれも装着してしまうと違和感ないかも知れませんが
こうした手間の一つ一つが車体の完成度にも繋がってくると思いますので頑張ってます☆

そして気になる走りについても・・・

ボアアップ施工済みで更に力強く、高速道路も問題なく走行出来ておりますよ~!
ETC装着も取り付けて快適に走って戴けますね。

TOKYOPARTSのFacebookページに動画をアップしていますので宜しければご覧ください。

 

S-MAXのカスタムは初めてのご依頼でしたが
オーナー様をはじめ、ご協力くださった業者の皆様のお陰でカッコイイ車両に仕上がったと思います。

この場を借りて皆様にお礼申し上げます。どうもありがとうございました!!

 

と、更には有り難い事に雑誌にも掲載して戴いております!

モトチャンプ様 どうもありがとうございます!

カッコイイ写真ですよね! 車体の陰影や存在感などプロカメラマンの技に驚愕です・・・。
こちらで撮影した写真と並べるのが辛いところ(笑)

そしてこちらも!

(Ishikawa様 写真拝借いたしましたありがとうございます)

カスタムスクーター様 どうもありがとうございます!

しかも先月オーナー様が参加されたイベントでは(カスタムスクーター様、モトモト様主催)
こうした賞にも選出戴きました!

 

車両製作にあたり作業自体は勿論、こうした機会を戴けて大変良い経験をさせて戴きました。
Ishikawa様 この度のご依頼戴きまして誠にありがとうございました!

 

それでは今回は完成車両のご紹介でした!

長くなってしまいましたがご覧になって戴きありがとうございます。

ではまた次回のブログで宜しくお願い致します!

 


TOKYOPARTS年末年始休業日のご案内

21/12/15 コメント 0

皆様こんにちは!

今年も残すところあと10日ですね・・・!

師走はお師匠さまも走り回るくらい忙しい時期と言われていますが
お師匠さまになれない、我々スタッフ一同はお師匠さま以上に慌しくしております(笑)

皆様も今週は特にお忙しいと思いますので、運転にも体調にもお気をつけくださいませ~!
TOKYOPARTSも良い年を迎えられる様に気をつけたいと思います。

 

本日は年末年始の休業日のご案内させて戴きます。

=======================================

平素よりTOKYOPARTSをご愛顧賜りまして誠に有難う御座います。
年の瀬も間近になって参りましたが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

この度は弊社年末年始における休業日のご案内をさせて戴きたく存じます。
お手数ではございますがご確認戴けます様お願い申しあげます。

TOKYOPARTSは
12月30日(水) ~ 01月04日(月)までお休みとさせて戴きます。
皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご了承戴けます様お願い申し上げます。

01月05日(火)からは通常営業となります。

 

※休業期間中でもWebサイトからのご注文は可能となっておりますが
出荷業務、お問い合わせ等のご返事につきましては
05日以降からのご対応となります。畏れ入りますが何卒ご了承願います。

また、年末年始は各メーカー様もお休みに入ってしまう為に
ご注文を戴きました商品が欠品してしまった場合には、ご用意出来るまでに通常よりもお時間が必要になってしまいます。
誠に恐縮ではございますがあらかじめご了承戴けます様、お願い申し上げます。

 

新年も皆様にとって素晴らしい年でありますようにお祈り申し上げます。
また、2016年もTOKYOPARTSへの変わらずのご愛顧を頂戴出来ます様、宜しくお願い申し上げます。

TOKYOPARTS

=======================================

 

それでは今年も残り少なくなってきましたが
クリスマスに大晦日にとイベントも沢山ですので、皆様もあまり無りなくでお願いいたします(笑)

年末年始の休業日のご案内でした。
それではまた☆


新商品のご案内です!【ZOOMANIA アーシングKIT】☆

15/12/15 コメント 0

皆様、本日2回目のこんばんは!

先程新商品が完成いたしましたので早速ご紹介させて戴きます!

それでは早速ご覧くださいませ☆

今回ご紹介する商品はこちら!
「ZOOMANIA アーシングKIT」 です☆

純正のアース線よりも直径のかなり大きいケーブルを追加することで
車体各部に流れる電気がスムーズに伝わり、良い点火や良い発電効果が得られるアーシングキットとなっております!

オリジナル取り付けプレートも付属しており、加工せずにお取り付け戴けますよ!

 

ズーマー純正ハーネスでは製造上、最低限のアース線の為に線径が細く設定されていますが
年数を重ねるごとにアース線などの劣化や酸化が進み電気抵抗が大きくなってしまいます。

電気抵抗が大きくなると電気の流れもスムーズとは言いがたい状況に・・・。
こうなると車体も調子が悪くなってきちゃいますよね。

そこで!
こちらのZOOMANIAアーシングキットをご装着いただくことにより下記の効果が期待できます!

・エンジン始動性向上

・燃費向上

・エンジン振動軽減

・アイドリング安定性向上

・ヘッドライトの明るさ向上

・エンジンレスポンスの向上

ご装着いただくことでこれだけの効果が期待できるので
お得感もバッチリではないでしょうか(笑)

長年乗って戴いた車両や電装系、電飾系を多くご使用いただいているオーナー様にオススメしたい商品です!

 

他にもこだわりの銅製プレートや金メッキ端子を使用した
「ZOOMANIAアーシングキットPRO」も同時にリリースいたしましたのでコチラも宜しくお願い致します☆

 

キャブ車、インジェクション車問わずにご装着戴けますのでご安心くださいませ~!

 

ということで新商品のご紹介でした!

皆様どうぞ宜しくお願い致します☆
(ダイレクトなマーケティングでスミマセン(笑) 2回目)


66ccボアアップのご依頼もお待ちしております☆

15/12/15 コメント 0

皆様こんばんは!

12月に入ってからは時間が更に加速してる様に感じます!
毎年こんなことを言っている気がしますが・・・(笑)

今年もあと半月ほどですが(驚き)、張りきって作業していきたいと思います!
皆様もお忙しいとは存じますがご無理なくでお願い致します☆

 

今回は先日お引渡しいたしました66ccボアアップ車両のご紹介です。

有り難いことに今年は沢山のボアアップカスタムのご依頼を戴いております!
こうしてご依頼戴きました内容をご紹介させて戴くことで
興味を持たれている方のご参考にして戴けたら嬉しいです!(ご依頼戴けると更に嬉しいです(笑))

まずは車両のご紹介からどうぞ~!

独特なフレーム形状のブラックボディとピンクのホイールが印象的なこちらのZOOMER!

弊社で以前に施工させて戴いた車両でして、今度は中身をグレードアップという運びとなりました。
折角ですので以前の施工内容を少しご紹介させて戴きますと・・・、

シートフレーム一体型のワンオフ加工のリアフレームにはRATKOUBOU製ロングエンジンハンガーをご装着!
リアフェンダー&ナンバーステーもワンオフ加工の特別製でしたり
その他にもシート下には特製のアクリルパネルを取り付けるなど、凝った内容となっております。

車体の特徴にもなっている☆型のテール&ウィンカーはフレームに埋め込み式で
テール周りの配線類はフレーム内部を通してスッキリ!

☆型ウィンカーを埋め込んでいる枠部分も勿論☆型にしつつ
フレームラインにマッチする様にアーチ状に成形するなど、結構細かく作業させて戴いております!(笑)

 

そして、そして!

今回は遂にボアアップカスタムとなりました~!

気に入って戴いている車両だからこそ
「もっと可愛がってあげたい!」と思って戴けたことが有り難くて嬉しいです。

50ccと66ccのピストンの比較写真ですね。(左:純正ピストン/右:66ccピストン)
16ccの違いですが、ピストンもこれだけ大きさが変わってきます!

ZOOMERのボアアップは一般的なオートバイのボアアップとは違って
特殊な加工(エンジン分解、ボーリング加工、スリーブ打ち替えなどなど)が必要となります。

かなりハードルの高いカスタムですので、こういったカスタムこそショップにご相談戴ければと思います☆
TOKYOPARTSでは専門業者による加工と整備士免許を持ったスタッフが施工に当たらせて戴いております~!
(ダイレクトなマーケティングでスミマセン(笑))

ビッグピストンへ変更後は専用のガスケットの装着となります。

ボアアップ時には「WPC加工」も是非お勧めしたメニューです!

WPC加工とは金属への表面処理の一つでして
主に金属の疲労に対する強度向上と摺動性向上を目的としている加工内容となります。

金属疲労に対しての強度向上と滑り良くして部品の磨耗を減らすといった内容ですので
エンジン部品の耐久性アップや摩擦熱による焼き付き防止など効果が期待できますね。

66ccボアアップWPC加工など以前のブログでもご紹介しておりますので
こちらも併せてご覧戴ければと思います☆

アクスルのレスポンスや全域のトルクアップを感じて戴ける他にも
50cc時よりも更に上のセッティングもお楽しみ戴ける様になります!

「純正エンジンの雰囲気が大好き!でもちょっと物足りないかも・・・」といった方や
「二段階右折や30k/m制限から解放されたい~!」といったオーナー様も是非ご相談くださいませ!(ニッコリ☆)

 

今回はボアアップ施工の他にも沢山のご依頼を戴きました~!

まずはメインフレームペイント!

サブフレーム仕様にされるとメインのアルミフレームが丸見えになってきますが
車両を作りこんでいくとアルミ地の色がだんだんと気になってしまいますよね。

そんな時にオススメなのがメインフレームのペイントです☆
ペイントして戴くことで車両のグレードや統一感がぐーんっと上がって見えますよ~!

普段見えていたフレームのアルミ地部分がなくなるだけでもキマってきますね。

ガスタンクのカバーを使っていない方には、ガスタンク自体をペイントするのはいかがでしょうか?

ガソリンタンク表面の凹凸にペイントが入る事で一味違ったカスタムアピールが出来そうです!

タンクのサビ止めにもなるので色々なオーナー様にもオススメですね。

通勤や普段使いされるオーナー様にもオススメしたいフューエルメーターもご装着☆
気が付いたらガス欠になってしまったなんて事もなくなります(笑)

ACEWELL多機能メーターも取り付け完了!

ボアアップ時にご注意戴きたい、エンジン回転数や油温もチェックして戴けますよ!
(別途油温センサー取り付けが必要となります)

ラジエターカバーにもワンポイントございまして
こちらは2個の商品を組み合わせての装着となります☆

TOKYKOPARTSオリジナルのビレットラジエターカバー

アメリカサイズのナンバープレート(こちらはSteady GARAGE製)を重ねると・・・

イイ感じにフィットします(笑)

ZOOMERやSCOOPYのラジエターカバーとしてもご使用戴けますので
その他のUSショップナンバーフレームでも同様にお楽しみ戴けますよ~☆

 

と、ご紹介いたしました様に
外見も中身も更に楽しんで戴ける素敵なZOOMERにグレードアップとなりました!

全長や車高などバランスの良い車両に仕上がったのではないでしょうか☆

Abe様 この度はTOKYOPARTSへご依頼くださいまして誠にありがとうございました!

これまで以上に楽しんで戴ける車両になったと思いますので、通勤に休日にと沢山乗って戴けましたら幸いです。
また改めてご感想を伺えればと思います☆

 

今回はボアアップ車両とボアアップについてのご紹介でした!

それではまた次回のブログで宜しくお願いいたします。


オーナー様も思わず見とれてしまうZOOMERになりました!

12/12/15 コメント 0

皆様こんばんは!

もう12月ですね!
子どもの頃はクリスマスとか冬休みとかお正月とかイベントが沢山あって
楽しみだった記憶もありますが、大人になると慌しい記憶しかございません(笑)

皆様もお忙しいとは思いますがたまには息抜きしてくださいませ~!

 

今回は完成車両のご紹介でございます。

有り難い事に、ここのところ車両完成とお引渡しが続いておりまして
ブログでもどんどんご紹介させて戴きたいと思います!

完成車両のご報告などもTOKYO PARTS Facebookページでいち早くご紹介しておりますので
こちらも是非ご覧になってくださいませ☆

それでは全体写真からどうぞ~!

こちらのZOOMERではGY6エンジンのスワップをはじめ、前後足回り変更やフレーム加工に加え
オールペイントも施したフルカスタムな内容となっております。

キャンディレッドのペイントと豪華な足周りが印象的な、思わず注目してしまう車両となっております!

車体全体の次は各ポイントについてご紹介です!

エンジンはGY6をスワップし、リアサスペンションはセンターサス仕様としております。
クロームメッキ加工したサスマウントアームは派手になり過ぎず、しかししっかりとアピールできますね。

エンジン自体にもペイントを施すことで車体全体のクオリティアップにも☆
駆動系カバーは結晶塗装にすることで、また違った雰囲気に変わりました!

駆動系カバーも一部をオープン化しており、クラッチアウターもペイント済みです。

シート後方にはテールランプとしてTOKYOPARTSオリジナルLEDユニットを4連で装着!
真ん中の2つは少し浮かせて取り付け、視覚的に変化をつけております。

ポジション時

ブレーキ使用時

ウィンカー使用時

ご覧の様に視認性もバッチリですね☆

ハンドル周りは人気のRucksters製セパレートハンドルをベースにビレットマスター&レバーや
Stage6製ハイスロ&スイッチBOXを装着してスッキリした印象に。

ACE WELL製多機能メーターはフロントBOXにTOKYOPARTSメーターマウントパネルと併せて埋め込みです。

バーエンドにはMotogadget製バーエンドウィンカーCRG製バーエンドミラーを装着!
こちらもスッキリした見た目になっていますね。

フロントBOXにもTOKYOPARTS製LEDライトマーカーも装着して更に視認性もアップ☆

フロントフェンダーレス仕様ですが
フロントフォークのローダウンとヘッドライトローダウンブラケットを装着することで
気になるヘッドライトとタイヤの間の間延び感を抑えておりますよ~!

12インチ4JホイールにはSHIFT UP製220mmフローティングディスクとBrembo 2potキャリパーの組み合わせ。
キャリパーサポートはTOKYOPARTSオリジナルのパーツとなっております。

フロントフォークのアウターとキャリパーはそれぞれシャンパンゴールドでペイント&アルマイトです☆

前後ホイールはDorby Works製12インチ/2ピースホイールを選択して戴きました!
フロント4J、リア7Jの豪華で迫力のある足周りに変わりました~!

写真だと分かり難いかも知れませんがホイールディスク部にシャンパンゴールドにアルマイトし
リアショックのボディもフロントフォーク同様ペイント済みです。

リアフレーム周りのこの景色も素敵です☆

エンジンスワップに伴いフレームの加工とエンジンハンガーの製作も是非ご紹介したいポイントです!!

車両が組みあがってしまうと目立たなくなってしまうのが非常に残念ですが
リアフレームの加工も、ご依頼戴く全長や車高に併せて施工しております。

また、エンジンスワップに必要となりますハーネス製作、加工もエンジンの種類に合わせて施工可能ですよ~!

皆様にご依頼戴いておりますお陰でGY6エンジンなど、エンジンスワップの経験も沢山積ませて戴いておりますので
こうしたカスタムをご希望の方は是非お問い合わせくださいませ☆
個人ではハードルが高いと思われる施工内容もお手伝いさせて戴けると思います!

ポン付けパーツではご満足戴けなくなってしまった方も是非ご相談お待ちしております(笑)

ご紹介した様にショップならではの施工内容をさせて戴くことで
よりお客様にご満足戴ける車両に仕上げて参ります!(力をこめながら(笑))

ご覧戴いております様にペイントもオーナー様のこだわりポイントです!

キャンディレッドを基調として光沢のあるブラックやシャンパンゴールドを配置。
それぞれは主張の強いカラーですが配色バランスがまとまっているお陰でしっくりくるカラーリングとなりました!

サイドカバーなどはまるで漆器の様な仕上がりに☆
(docter R design works様ご協力ありがとうございました)

 

いやはや、ご紹介していくとどこもかしこもポイントだらけの車両です(笑)
それだけオーナー様の熱意が詰め込まれた車両ということですね。

「こんな車両にしてみたい!」と、ご興味持って戴いた方は是非ご相談くださいませ。
TOKYOPARTSも頑張ってカスタムさせて戴きます☆

 

Hattori様 この度は弊社へご依頼くださいまして誠にありがとうございました!

格好良く仕上がったのもオーナー様が何度も足を運んで戴いたお陰でございます。
生まれ変わったご愛車で楽しい思い出を作って戴けましたらスタッフ一同大変嬉しいです!

ライドの際には是非皆さんの視線を集めちゃってくださいませ(笑)

 

 

おまけ

GY6エンジンスワップ&キャンディペイントの貴重なツーショット☆

オーナー様もこのツーショットに思わずニヤニヤですね(笑)

 

 

今回は完成車両のご案内でございました!
ここまでご覧戴きましてありがとうございます。

それではまた次回のブログでお会いしましょう~!


 Page 5 of 30  « First  ... « 3  4  5  6  7 » ...  Last »