light_square

Categories

この期間だけVery very lowprice です!! 

26/11/16 コメント 0

皆様こんにちは!

先日プライスダウンでご紹介したばかりの”あの車両”が、更に驚きのロープライスに・・・っ!!
いや、本当に驚きです(笑)

その名も「ブラック フライデー」!!

現オーナー様のサービス精神が爆発しちゃいました!
ロープライス過ぎて、購入された方しか得をしないそんな価格となっております・・・!

それでは早速ご紹介です~!

ご覧の通りの極上カスタムスクーピー が、

☆11月25~26日だけの超超大幅プライスダウン☆

490,000 円 → 300,000 円 という大幅プライスダウン!!

 

カスタムスクーピー車両詳細ページはコチラから

 

※2日だけのweb限定価格となります
先着1名様の販売となりますのでご了承下さい

超特別価格に付き、お問合せ&現車確認のご対応の間に売れてしまう可能性がありますので予めご了承下さい。
(webでのご成約を最優先させていただいております)

超特価のこのチャンスを是非お見逃しなく!

 

※システムの運用上、代金引換か、PAYPALの選択になってしまいます。
代金引換でカート格納&決算画面に進んでください。

追って弊社よりご連絡いたしますので、整備の有無&納車等ご相談くださいませ。

※いかなる場合においてもキャンセルは出来かねます

 予めご了承の上でのご注文をお願いいたします

 

 

この機会を是非お見逃しなくですよ~!!

皆様どうぞ宜しくお願いいたします☆

カスタムスクーピー車両詳細ページはコチラから

 

それではまた~!

 


あの車両があのお値段に・・・っ?!

23/11/16 コメント 0

皆様こんばんは!

関東でも今夜から雪が降るのでは? なんて予報が出ていて今から震えております(苦笑)
そんな肌寒いこの頃ですが、悪いことばかりでもありませんよ~!

と、いうことで(?) 現在、弊社WEBサイトに掲載中しております
販売車両プライスダウンのご紹介です。

期間限定でのプライスダウン車両や、新たに期間限定での掲載車両もございますので
是非この機会にご検討戴ければと思います。

 

それでは早速ですが、プライスダウン車両その①!

HONDA クレアスクーピーをベースにした
カーボン外装&ブラックペイントが映える! シームレスハンドルの極上カスタム車両でございます!!

カスタムスクーピー車両詳細ページはコチラから

 

モトチャンプ(2016年12月号(11月06日発売号)にも大きく掲載され
アワードも受賞したカッコイイスクーピーとなっております☆

スクーピーらしさを活かした曲線のフォルムと
シンプルさを追及したTOKYOPARTSのワンオフ「シームレスハンドル」は
見慣れたはずの車両に新鮮な驚きを感じて戴けます!

そして気になるお値段は・・・、

490,000 円 → 390,000 円 という大幅プライスダウン!!

カスタムスクーピー車両詳細ページはコチラから

この機会に是非ご検討戴ければと思います☆

 

そしてプライスダウン車両その②

皆様、ご存じなHONDA ズーマーをベースにした
HOTRODスタイルとフレームワークで魅せる、オンリーワンなカスタム車両でございます!

HOTRODスタイルズーマー車両詳細ページはコチラから

 

ホットロッドスタイルが目を惹く、個性的なカスタム車両です。
ファニーな雰囲気の中にクロームメッキパーツを配することで大人の色気も感じさせるZOOMERとなっております。

流行に囚われない独特のスタイルだからこそ、いつの時代にも楽しんで戴けるのではないでしょうか。

外見だけでなく、フラット24キャブレターやマロッシプーリーなどにより走りも軽快ですので
気軽に、そして楽しく乗って戴くにはもってこいのZOOMERです!

そして気になるお値段は・・・、

390,000 円 → 290,000 円 という大幅プライスダウン!!

HOTRODスタイルズーマー車両詳細ページはコチラから

この機会に是非ご検討くださいませ☆

 

お次の車両はこちら! プライスダウン車両その③

HONDA ジュリオ(1998年発売の空冷2stの縦型エンジン仕様)をベースに
前後ローダウンやオールペイント等カスタムしたオシャレなスクーターとなっております☆

レトロモダンなジュリオの車両詳細ページはコチラから

 

レトロモダンなスタイルで個性的ながらも丸みを帯びたボディラインが親しみ易い雰囲気の車両です☆
今回はワンオーナーの低走行距離(約270km!)というコンディションの良い車両をベースにプチカスタムを施しました!

前後ローダウンにホワイトウォールタイヤを装着した足周りは軽やかな印象に。
オールペイントと新たにクロームメッキ加工したマフラーガードは車体の雰囲気ともピッタリです。

親しみやすい見た目とは裏腹に、キビキビと走る機動性の高さもポイント。
「空冷2サイクル単気筒エンジン」ならではの加速の良さを体感して戴けます☆

そして気になるお値段は・・・、

188,000 円 → 158,000 円 と、かなーり頑張った金額でございます・・・!
(お店的には非常に苦しいですね(苦笑))

 

そして、あらたにご紹介するこちらの車両も、極上なカスタムズーマーです!

純正部品を探すのが難しいほどのフルカスタムズーマー!
しかもエンジンは66ccへとボアアップ済(弊社にて施工)という極上のカスタム車両です☆

こちらは”期間限定での掲載”ですのでお早めにご検討くださいませ。

66ccボアアップ&DorbyWORKSホイール装着 極上ズーマー車両詳細はコチラから

 

純正部品を探すのが難しいほどのフルカスタムズーマー!
しかもエンジンは66ccへとボアアップ済(弊社にて施工)という極上のカスタム車両です

DorbyWORKS製の2ピースアルミホイール(12インチ F:4J、R:7J)の他、USカスタムパーツも多数装着済み
パーツだけでなく、フレーム加工やペイントなど手の込んだ内容となっております

車両の状態やボアアップ、パーツの構成なども考えると非常にお値打ちな車両です!

期間限定でのWEB掲載ですので、気になられた方はお早めにご検討くださいませ!
(2016年11月21日 〜 2017年01月31日までの期間限定掲載)

 

66ccボアアップ&DorbyWORKSホイール装着 極上ズーマー車両詳細はコチラから

こちらの車両もご検討宜しくお願いいたします☆

 

この他にもUSED BIKEページでは色々な車両が掲載されております!

ズーマーなのにクラッチ操作?! モンキー系エンジン搭載ミッション仕様ズーマー! 

 

GY6エンジンスワップ&前後12inchワイドホイール装着! ローロングフルカスタムズーマー !

■超特価プライス■ 120万円 → 100万円!!

 

 限定カラー&DISK化ロングズーマー!

 

こちらの車両も是非ご覧になってくださいませ☆

 

今回は販売車両のお知らせでした。

それではまた次回のブログでも宜しくお願いいたします~!


TOKYO PARTS オリジナルキャップのご紹介です!

19/11/16 コメント 0

皆様こんばんは!

今回はバイク用ではございませんが新商品のご紹介です☆

=======================================

【2016/11/21 追記】
TOKYO PARTSオリジナルキャップですが、ご好評戴きまして誠にありがとうございます。
お陰様で予想していたよりも反響を戴けて有難く存じます!

次回制作につきましても検討中ですので、Facebook、ブログ等で
また改めてご報告させて戴きます。

今回ご購入出来なかったという方も、もう少しお待ち戴けましたら幸いでございます。

その際はどうぞ宜しくお願いいたします。

=======================================

それでは早速商品のご紹介!

「TOKYO PARTS Original Cap」

TOKYO PARTSのオリジナルキャップ第2弾の登場です☆

今回はアメリカはニューヨークのRUCKUSカスタムSHOP「Makoa Scooters」の協力でCoolなキャップが出来上がりました。
刺繍によるZOOMANIAロゴ、TPロゴは質感も良いですよ~ !

キャップのカラーは3パターンからお選び戴けます。

ブラック/ブラック

グレー/ブラック

グレー/グレー

サイズはフリーサイズでキャップの後方で調整できる様になっております!

数量に限りがございますので、お早めにご検討お願いいたしますね☆

 

続いてはこちら!

「TOKYO PARTS Acrylic key holder」

TOKYO PARTSのロゴを模ったアクリル製キーホルダーです
こちらも「Makoa Scooters」のご協力にて制作いたしました! と、云う訳でMADE IN USA☆

サイズ : 幅 60mm 高さ 35mmと程よい大きさになっております。
飾りすぎないデザインですのでお好みに合わせてご利用いただけますよ☆

しかも、こちらのキーホルダーですが

最初にご紹介しました、キャップを今月中にご注文戴いたお客様に
【期間限定特典】として、アクリルキーホルダーをプレゼントしちゃいます!

気になった方は是非お早めにご検討くださいませ。

 

TOKYO PARTS Original Cap

TOKYO PARTS Acrylic key holder

 

ブログの他にTOKYO PARTS フェイスブックページで日々の出来事などもご紹介しております。
商品入荷などの最新のお知らせもありますので、こちらも是非ご覧ください☆

TOKYO PARTS facebook ページ

 

今回は新商品のご紹介でした!
それではまた次のブログも宜しくお願いいたします。

 


通勤仕様でも楽しくカスタムして戴いてます☆

22/10/16 コメント 0

皆様こんばんは!

今回は完成車両のご紹介です!
通勤仕様のズーマーではございますが、お客様のこだわりカスタムがしっかりと詰まった車両となっております☆

しかもこちらのオーナー様、ズーマーはこれで2台目というズーマーLOVEなお方!

ズーマーには、何度でもカスタムしたくなる魅力があるんですよね。

赤くペイントされたパーツが一際目を惹く、通勤快適ズーマー!

お客様とのお打ち合わせにてやり過ぎない感じをポイントにしながら
普段使いとこだわりカスタムの両方をバランス良く取り入れて戴きました☆

一番の特徴は国産ヘッドライトに対応した、オリジナル「オッドアイライト」KIT!
LEDライトとワンオフステーを組み合わせた存在感バツグンのライトです☆

プレート部分は「ちりめん塗装」と呼ばれる、表面に細かいシワを出す独特な仕上がりになっております。

LEDライトは明るさもバツグンです☆
スイッチを別に設け、純正ヘッドライトと別々に点灯が可能になっています。

正面から見ても、印象が全然かわりますね!

その他にも・・・

ちりめん塗装はこんなところにも!
どれも純正部品をペイントしたものですが、存在感が出てこちらの車両のポイントになっております ☆

ハンドル周りにも一工夫を。

視認性の良いデジタルメーターへの変更や
セルスイッチ、ハザードスイッチをフロントBOXに埋め込みなど、普段目につくハンドル周りも華やかに。

更にここで終らず、もう一つポイントが!

スイッチを埋め込んだ場所に本来付いているインジケーターランプを、フロアボードに移設しちゃいました!

これはお客様のアイディアでして、こういう遊び心はカスタムならではの楽しさですよね。

通勤仕様ということで、ディスクブレーキ化で制動性もアップ!

ブレーキだけでなく、駆動系やインジェクションコントローラーも取り付けて
走りも軽やかになっております~!

濃いメタリックブルーのペイントが足元を引き締めています。

同色にアルマイトしたTOKYOPARTS 牽引フックでさり気ない大人のオシャレですね(笑)
(どうもありがとうございます!)

ラジエターカバーもZOOMANIAオリジナルカバーを装着!
ブラックアルマイトで、こちらも落ち着いた印象になりました~☆
(どうもありがとうございます!)

 

ご紹介させて戴いた様に
施工箇所を抑えつつも、ポイントをしっかり押さえたカスタムで個性的な車両に仕上がりました。

オーナー様のセンスとこだわりがあっての出来上がりですね!

Tanaka様 この度は弊社へご用命くださいまして誠にありがとうございました。
乗りやすく、楽しいズーマーで快適に走って戴けましたら作業させて戴いた甲斐があります!

それでは、次は何処をいじりましょうか(笑)

今回ご紹介した車両の様に

TOKYOPARTSでは数々のZOOMERのカスタムをした多彩な経験により

気軽なライトカスタムから、ジャンルにとらわれないフルオリジナルカスタムまで、幅広いカスタマイズが可能です!

是非お気軽にTOKYOPARTSへご相談下さい!

今回ご紹介した施工内容やパーツなど気になるものがございましたらお気軽にお問合せくださいませ☆

また次回のブログでも宜しくお願いいたします~!

 


ズーマーのワイドホイール&センターショックがボルトオンで楽しめちゃいます!

20/10/16 コメント 0

皆様こんばんは!

朝晩は少し肌寒いですが、日中は穏やかな天気ですね!
お出かけするのにも気持ち良い季節ですが、オートバイで走るのにも気持ち良いですよね(しみじみ)

今回はズーマーカスタムで人気のリヤワイド化&ローロング化に加えて
カスタム感バツグンで、しかも乗り心地も良くなる「リヤショックセンター化」まで出来ちゃう新商品をご紹介です☆

 

「ZOOMANIA ロングエンジンマウント(センターショックver.)」

商品KITにはエンジンマウントの他、リヤショックやショックマウント用アームも一緒になっております。

一番の特徴はと言うと、リヤショックのセンターマウント化!

ズーマーでワイド化する場合、エンジンオフセットと併せてリヤショックもオフセットして納めますが
センターにマウントすることでよりスマートな印象に。

車体側がスマートになるとワイドホイールがより強調されますね!

実際に装着した車両もご紹介☆
ノーマルスタイルの車両への装着例としてご参考にしてくださいませ。

ほとんどノーマルの車両でも、KIT装着後はこんなに印象が変わります!

ちなみにこちらの車両でエンジンマウント以外に変更している主な箇所はコレでけです。

・ハンドルバー交換
・前後タイヤ交換(F:120/70-10、R:130/70-12)
・マフラー交換(ワイドホイール対応)

シートフレームも純正パーツのままですが、それでもカスタム感がグッと出ていますよね。

実際に乗車したときの雰囲気ですが
ローロングスタイルになったことで車体サイズのボリューム感も適度に出ていたり
足つき性も良くなっています。ローシートフレームに交換すると更にローロング感が演出できます☆

また、ショックをセンターにしたことで、乗車時に車体のよじれを防ぎ違和感の無い乗り心地に。

フレームクランプ部にはウレタン製ブッシュを使用して衝撃を和らげ、ショックの効きも合わせることで
ローロングな車両でも快適にライドして戴けます。

 

こちらのエンジンマウントは
キャブ車、インジェクション車どちらでも対応しています!

インジェクション車のIGコイルの移設やステーのカットといったフレーム加工も無しで取り付けOK☆

しかもほとんどボルトオン仕様ですので、これまでよりもお気軽にこれらのカスタムをお楽しみ戴けます!

 

通常KITの他に、ワイドホイールやタイヤ、ホイールハブまでセットになった
「ZOOMANIA ロングエンジンマウント(センターショックver.) 【12インチ 8Jホイールset】」
もご用意いたしました!

ワイドホイールへタイヤを装着してのお渡しですので、タイヤ組み込みの手間も省けますよ(笑)

・12インチ 8Jワイドホイール (内径加工済み)
・HONDA系 汎用リヤホイールハブ
・リヤタイヤ AVON ヴァイパーストライク  (140/70-12)

※通常では上記パーツを合計すると 80,500円(税抜き)になりますが
エンジンマウントKIT+ホイールSET のくみ合わせですと
なんと!60,000円(税抜き) (20,000円以上もお得なセット)でお求め戴ける内容となっております

 

■ZOOMANIA ロングエンジンマウント(センターショックver.)

■ZOOMANIA ロングエンジンマウント(センターショックver.) 【12インチ 8Jホイールset】

詳細は商品ページにてご確認お願いいたします

 

車体への取り付け依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

皆様どうぞ宜しくお願いいたします!

 

今回は新商品のご紹介でした。
それではまた次回も宜しくお願いします~!

 


ズーマー66ccボアアップも承っております!

13/10/16 コメント 0

皆様こんばんは!

お陰様でご好評戴いております、ズーマーの66ccボアアップのご紹介です!

今回ご紹介させて戴くお客様も、わざわざご遠方(なんと香川県より!)から車両を陸送して戴いてのご依頼でございました。

車両の輸送といったお手間を掛けて戴いてもボアアップのご依頼を戴ける事に大変感謝しております!

それだけのお手間を掛けて戴いても良かったと思ってもらえる様にしっかりと作業していますので
ブログをご覧になって、ご興味持って戴けましたら嬉しいです。

いきなりですが、純正ピストン(左)とビッグピストン(右)!

一回り大きいピストンはアメリカからの輸入パーツでして
国内では手に入らないので 実際にご覧になる機会はほとんどないのではと思います。

また、ピストンと同じくズーマーはエンジンを分解する機会も少ないかと思いますので
ボアアップ施工時の様子も一緒にご覧くださいませ。

 

それではエンジンを車体から降ろしたところから。
ボアアップの施工時には磨耗した部品なども新品に交換していきます!

まずは車体から降ろしたエンジンを更に分解。

駆動系ケースやラジエター、フライホイールなど外すとこんな見た目に。
いかにも「エンジン!」といった感じですね。

その他、ウォーターポンプやオイルポンプステーターベースといったあまり聞き慣れない部品も外していきます。
その中で皆様にもちょっと気にかけて欲しい部品がこちら!

オイルポンプギア(写真の黒い歯車)と呼ばれる部品なのですが
車体の年式によってこのギアの軸が樹脂製だったりするのです。(ギア本体はどの年式でも樹脂製)

今回のお客様はインジェクションエンジンなので金属製の軸に対応済みですが
キャブレターエンジンの車両(特に年式の古い車両)では軸も含めて樹脂製となっていまして・・・

こちらの写真の様に樹脂製の軸が折れてしまうことがあるのです・・・!

エンジンオイルを循環させるのに必要な部品なので、ここが折れてしまうとオイルが巡らずに
エンジンの焼き付きやピストン破損といった深刻なダメージになりかねません。

もちろんそんな怖いことは嫌ですので
ボアアップ作業時には金属製シャフトの部品に交換させて戴いております!

「私のズーマーはどうなんだろう・・・」と気になられる方は是非ご相談くださいませ。
オイルポンプギア対策だけのご依頼も承っております☆

 

お話を戻しまして エンジン分解作業の続きにつきまして。

更に分解していきますと、真ん中に黒く見えるのが純正ピストンです。
最終的にこれをビッグピストンに交換するのですが、それまでにはまだまだ作業や加工が必要になります(笑)

ピストンと一緒に写っているカムチェーンも走行距離が多くなるにつれ、写真の様に伸びてきますので
エンジン分解などの機会に併せて交換いたしました。
(写真右のチェーンは新品)

こちらは燃焼室。こんなに小さくても人間載せて走れるほどのパワーがでるのですから凄いですよね!

一通り分解も済みましたら、エンジンのボーリング加工とスリーブ打ち替え加工に移ります。
こちらは特殊加工専門の業者さんへ委託しての加工となります。

ボーリングといった特殊加工が仕上がってくるまでにTOKYOPARTSでは燃焼室等の容量UPの加工を。

加工面も綺麗に整えてピッカピカです! 組み上げると全く分かりませんが・・・(笑)

加工した燃焼室の容量もこの様にしっかりと計量しています。
このあたりの調整はボアアップ施工の経験が豊富なTOKYOPARTSならではです!(自画自賛(苦笑))

ボーリング加工とスリーブ打ち替えが済んだパーツが仕上がってきたら、ピッチを上げて作業を進めます!

加工前と加工後ではピストンが入る場所の径が大きくなっているのがお分かり戴けるかと思います。
実際にピストンが動く所ですので、専門業者による加工が必要になるんですね。

冒頭でもご紹介したビッグピストンの組み込みや
ボアアップ専用のガスケットを使用して、エンジンを再度組み上げていきます。

直接ボアアップ施工とは関係ないですが、今回の車両ではフライホイールのクリーニングも行いました!

TOKYOPARTSで導入した「ウェットブラスト」加工で
錆びだらけのパーツがこんなに綺麗にクリーニングされちゃいました☆

一応ご説明しますが、部品の交換やペイントではございません(笑)

 

無事にエンジンを組み上げましたら、車体へ載せて各種作業チェック。
その後はセッティング作業を経て66ccボアアップ作業の完了です!!

こちらの車両では見た目がノーマルに近いので、走りと見た目のギャップが大きそうですね。

ボアアップ後は全体的なトルクアップや再加速時のレスポンスの良さに加えて
これまでよりも上のセッティングが試せたり出来ますので、より快適にズーマーをお楽しみ戴けますよ!

特にインジェクション車はボアアップとの相性も良く、セルスイッチのみでエンジン始動もいけちゃいます☆
(キャブ車だとキックペダル併用の場合が多いですが、FI車はセルだけでOKなケースが多いです)
また、ハイギア交換で更に上の走りが見込めてきますのでご興味あるお客様はお気軽にお問合せくださいませ~!

 

Shimizu様 この度は遠く香川県より弊社へご依頼くださいまして誠にありがとうございました。
乗りやすくなったご愛車でこれからもズーマーライフを楽しんで戴けましたらスタッフ一同大変嬉しく思います。

 

そして香川県までの長旅へ

オーナー様との再会の様子を勝手に想像してみたり(笑) 喜んで戴けたらと思いながらお見送りします。

 

今回は66ccボアアップ施工の様子をご紹介いたしました。

お見積りのご依頼やお問合せなど、ご興味持って戴いた方はお気軽にご相談ください。

それではまた次回のブログでも宜しくお願いいたします~!

 


スクーターミーティングアワード車両のご紹介です!

09/10/16 コメント 0

皆様こんばんは!

先日のJAPAN CON & モトチャンプスクーターミーティング in 秋ヶ瀬にご参加された皆様
暑い中どうもお疲れ様でした!!

今回のブログではTOKYOPARTSでお手伝いさせて戴きました車両が
何と、3台ともスクーターミーティングでアワードを獲得されたのを記念して各車両をご紹介させて戴きます!

イベントの様子もご紹介したいのですが、まずはアワード車両から!
ってことで、ご紹介の順番が逆になってしまい畏れ入りますがご了承くださいませ(苦笑)

アワード受賞された皆様どうもおめでとうございます~!!

 

まずはYamashita様のカッコいい!ペリカンJOGから☆

細かなところまで気を配られているこちらの美しいカスタムJOG☆

つい先日開催されたモトチャンプパラダイス(ツインリンクもてぎ)でもエントリーされていましたが
その頃よりも新たに手を加えられ、オーナー様のセンスが更に光っています!!

ちなみにこちらが先月の状態です↓

先月のイベントの時点で既にこの完成度ですから
オーナー様のこだわりが並々ならぬものだというのが皆様にも伝わるかと思います!

TOKYOPARTSでお手伝いさせて戴いたのは足周りになります。

主に足周りのフィッティング等作業させて戴きました!
(オーナーのYamashita様からもお写真を拝借しております)

アメリカのFLP製ホイールにピアスボルトとスパイクナットが車体のコンセプトにもピッタリですね。
それにしてもこうしたパーツやクセのある仕様をまとめ上げたYamashita様のセンスは凄いですね!

会場でもモデルさん付きで個別撮影されていたので、誌面でもバッチリ拝見できそうですね。

こうした車両のお手伝いさせて戴き良い経験になりました。
この度は弊社へご用命くださいまして誠にありがとうございました!

 

続いては思わず魅入ってしまうスクーピーのご紹介☆

ブラックのボディにカーボン外装が目を惹くこちらのスクーピー☆
(写真はJMS様より拝借しております)

攻め攻めの低車高とボリュームのある足周りにUS純正パーツを組み合わせた
オーナー様にブレないセンスによって完成された、こちらのこだわりの車両となっております!!

弊社では足周りを中心としたボディーワークを作業させて戴きました。
(カーボン外装はオーナーであるJMS様の手によるものです)

Steady GARAGEから輸入したこだわりのホイールを組んだ前後足周りは
主張し過ぎないギリギリのワイド化&ガッツリとローダウン化いたしました!

細かく書いてしまうとキリがないのですが
フロント足周りは特に細かな調整と加工を施工させて戴いております。

色々とクリアランスもいっぱいいっぱいです(苦笑)

特にこだわられていたのがハンドルバーについてでした。

ご希望を戴きながら、細かな調整を繰り返し製作した正に世界で一つだけのワンオフ品です。
(ちなみにこのバーは3代目で、幻の初代と2代目のバーが存在します(笑))

各部の角度やクリアランス調整など大変でしたが
その甲斐もあってシンプルさを追求した、オーナー様のセンスが感じられるハンドル周りになりました!

JMS様 アワード受賞おめでとうございます!

また、この度は弊社へ作業のご依頼戴きましてありがとうございました。
お陰様で良い経験をさせて戴きました!

 

そして3台目はこちらのZOOMER!

年一回刊行されるスクーターチャンプで昨年の表紙も飾った、JDMなカスタムZOOMER!

オーナー様のセンスとこだわりと、TOKYOPARTSの努力とが結びついたJAPAN MADEな一台です!
ご紹介させて戴いたどちらの車両で言えるのですが
細部にまで行渡るオーナー様のセンスとこだわりがあるからこその完成度になっております。

こちらの車両は以前にご紹介用のブログを書いておりますのでご覧くださいませ☆

■ Nishimura 様号 ご紹介ページへ ■

きっとオーナー様のこだわり(とTOKYOPARTSの頑張り(笑))を感じて戴けると思います。

こうしたスナップショットもキマってますね!(Nishimura様より写真を拝借いたしました)

Nishimura様 アワード受賞おめでとうございました!

車両製作だけでなく、メンテナンス等のご依頼戴きましてありがとうございます。
こうした凄い車両の製作に携わることが出来、大変感謝しております!

 

今回はアワード受賞車両のご紹介でした!

また次回のブログでも宜しくお願いいたします。

 


営業日変更のお知らせ

04/10/16 コメント 0

皆様こんばんは!

 

本日はTOKYO PARTSの営業日変更のお知らせです。

お手数をお掛けいたしますが、ご確認戴けます様お願いいたします。

 

=======================================

【 TOKYO PARTS 営業日変更のお知らせ 】

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素よりTOKYOPARTSをご愛顧賜りまして誠に有難く 厚くお礼申し上げます。

この度、弊社ではこれまで日曜日を休業日(定休日)として参りましたが
平成28年10月10日(月曜日)より
定休日なし(祝日を含め)とさせて戴くこととなりました。

より皆様のご要望にお応えできる様に努めてまいりますので
これまで以上に弊社をご愛顧戴き、ご協力賜れます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

当面は皆様にご不便をお掛けしてしまうことと存じますが
何卒ご高承戴き、今後ともご協力くださいます様お願い申し上げます。

 

 

平成 28年 10月 04日

TOKYO PARTS 代表 関澤 圭史

=======================================

 

皆様、TOKYO PARTSをこれからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 


「MONMER(モンマー)」販売いたしました~!

27/09/16 コメント 0

皆様こんにちは!

今回は販売車両のご紹介です~!

ズーマーなのにミッション車?!

「見た目はズーマー! 操作はミッション! その名はモンマー!!」 (コ○ン君の口調で)

と、いう訳で・・・
ズーマー × モンキー系エンジンの通称「MONMER(モンマー)」が販売となりました~!

先日のモトチャンプパラダイスでも試乗会でも沢山の方に試乗して戴いて
皆様楽しそうな表情で走ってくださっていたので、車両としての楽しさは実証済みです(笑)

乗っている姿はまんまズーマーですが
でも、走り出すと「ヴォーン、ヴォーン、ヴォーンッ」と、シフトアップ特有のあの音が(笑)

当日はモトチャンプ誌でも活躍されている とっきーこと、ときひろみさんにも試乗して戴きました☆

見た目と操作のギャップが新鮮で楽しいとご好評戴けて、製作した甲斐がありました。(しみじみ)

 

ズーマーの得意な外装カスタムと、4MINIエンジンならではのエンジンチューンの両方を楽しめるという
乗ってもカスタムしても、そして見ている方も面白いと思える車両となっております。

動画でもちょっとご紹介!

エンジンはキックペダルにて始動! 4MINI感ありますよね。

シフトチェンジしながら加速していく様子が楽しそうです!

 

ボディもオールペイント済みとなっており
ハーフマットレッドのボディとマットブラックでまとめた足周りは
派手になり過ぎずも車体を印象的な仕上がりに。

純正っぽい見た目なのに、シフトチェンジしながら走行する姿は
ズーマーを知っている方なら思わず二度見されてしまうのでは(笑)

こちらをベースにカスタムされる方にも、敢えて純正っぽいスタイルで楽しみたい方にもお勧めな車両です!

 

イベント用に製作した展示車両ということで、こちらの車両だけの特別価格となっております。
(ご依頼戴いて製作する場合は同じ価格でのご提供ができませんのでご了承ください・・・(汗))

気になるお値段は・・・

ナント、298,000 円(税抜き) !!!

 

■モンマー車両詳細ページ■

 

店頭での現車確認も可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

特別価格でのご紹介ですので、この機会に是非ご検討戴ければと思います!!

 

今回は販売車両のご紹介でした☆

それではまた次回に。


来週はいよいよ「Japan CON」ですよ~!!

22/09/16 コメント 0

皆様こんばんは!

いよいよ来週末に迫ってきました「Japan CON 2016」!!
ご存知の方はもちろん楽しみにされていたと思いますし
このイベントに合わせて車両製作されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「ジャパン コン? ソレって何??」という方に(スゴく大まかに(苦笑))ご説明させて戴きますと

アメリカを始めとした海外のスクーター愛好家(もちろんRUCKUS(ZOOMER)乗りの方も)がやって来て
日本の皆さんと一緒にイベント楽しもう! といった趣旨のイベントになっております!(大体合ってるはず)

一応もう少しだけ説明させて戴くと
Japan CONの「CON」の意味は、”Conference Of Noise” の意味らしく(直訳すると「騒音会議」ですかね?)
アメリカのスクーター愛好家がカスタムした車両を爆音で乗って いたことから名付けられたとのこと。

アメリカでも有名なWEBコミニュティ「totalruckus.com」から端を発したこの盛り上がりを
MAKOA SCOOTERS(ニューヨークにあるスクーターカスタムショップ)のJayさんが「Hawaii CON」という形でまとめたところ
アメリカをはじめ、カナダや日本からも「Ruckus LOVE!」な皆さんが集まったのでした!

こちらはそのHawaii CONに参加させて戴いた時のモトチャンプさんの記事ですが、今見ても楽しそうですね(笑)
(一緒に写っているモトチャンプ編集部様とRAT KOUBOU様☆)

Hawaii CON の様子を動画でも紹介されております☆

広くて大きくて、ロケーションも良いですよね~。

 

その他にも・・・、

以前(2013年)に開催された「Rucksters ROX Japan CON 2013」 もそうした「CON」の集まりでした。

こうしたスクーター愛好家が集まって楽しむイベントを今度は日本で!
といったのが今度の「Japan CON」でございます~!
これからご案内してまいりますが、主なイベントは三日間に渡って行われますので
海外のスクーター愛好家へ 皆さん(日本)のスクーター愛をどどーーんと見てもらいましょう~!!

 

気になるイベントは
9月30日(金)・10月1日(土)・2日(日)の3日間☆

※各イベントはそれぞれ主催様が異なります。
詳細、お問合せは各ご紹介をよくご確認の上お願いいたします。
(ご紹介をしておりますがTOKYOPARTSでは詳細についてお答え出来ません。予めご了承ください。)

※騒音、違法改造等で検挙されませぬ様、ご参加される皆様各自のご判断で必要に応じた整備をお願い致します。

 

■TOKYO TAKE OVER ナイトミーティング■

SCOOTER TRIBE 様 Facebookページへ

■TOKYO TAKE OVER ナイトミーティング■

日程 : 9月30日(金) 20:00~(予定)

会場 : 〒136-0083 東京都江東区若洲3−1−2 若洲海浜公園駐車場

若洲海浜公園ガイド

 

■Japan CON TOKYO RIDE■

(写真はRucksters ROX Japan CON 2013の時のものです)

■Japan CON TOKYO RIDE■
※海外からのスクーター愛好家の皆さんがレンタルバイクを借りて
都内を気ままに走りますので折角ですから 日本の皆さんも一緒に走りませんか と、いった趣旨のライドになります。

日程 : 10月01日(土) 10:00~(あくまで予定です)

集合場所 : ライコランド東雲店 ※10:00位に集合

ライコランド東雲店

http://ricoland.co.jp/shopinfo/index.php?tenpo_code=873024&blog_id=2

 

■当日の大まかな流れ■ ※最後までお読みください

参加ご希望の皆様は各自ライコランド東雲店(※1) 10:00位に集合
(トランポにて自車積載の方は隣のタイムズスーパーオートバックス TOKYO BAY 東雲)

タイムズスーパーオートバックス TOKYO BAY 東雲

http://times-info.net/P13-tokyo/C108/park-detail-BUK0015052/

[08:00~04:00]350台収容可能にてトランポを駐車し、ライドに向けて準備して戴くのがと良いと思われます。

主催者様のお話では80k/m程度の距離を1日掛けて走行する予定です。
(都内を走行予定になりますが実際のルートは 行き当たりばったり 臨機応変に変更される可能性ございます(笑))

あくまで海外から参加されるメンバーでの予定が中心となりますので
こちら側へのペース配慮といったものは無いとお考え戴くのが宜しいかと思われます。
(そうなったらそうなったで、参加者の皆さんでライドを楽しみましょう!)

また、何かのトラブル(※2)があった場合には申し訳ございませんが「皆様各自の責任」の元、ご参加願います。
我々も一参加者といった立場になりますので、畏れ入りますがくれぐれもご了承ください。

 

話が少し堅くなってしまいましたが、当日の内容はと言いますと・・・

「海外からいらしたバイク好きの観光客が、とりあえず東雲から昼前にレンタルバイクで都内走るんだけど
何処を通るとか、まだ煮詰めてないけど会えたら良いね・・・」 くらいの心持ちでお願いいたします(笑)

あとは、何かトラブってもTOKYOPARTSは関与できないのでごめんなさいといった感じでお考えください☆

↑ 告知しておいて何だか非常に感じが悪いのですが(汗)、大勢でのカスタム車両での走行を行なうこと
尚且つ都内を走行するとなると、細かなルールを設定するよりは皆様の常識に委ねさせて戴く部分に頼ざるを得ません。

勝手な言い分になってしまい誠に申し訳ございませんが、どうかご了承くださいませ。

 

※1 : 変更になる場合があるのと正確なスタート時間は判りません。

海外からのお客様が使用されるレンタルバイク屋のオープンが10:00との事ですので
スタート自体は受付等終わってからか、若しくはそのままライコランド見たい!となってスタートがずれ込む可能性もございます(笑)

その際は、どうか大きな気持ちで受け止めて戴けます様お願いいたします。
※2 : 騒音、違法改造等で検挙されませぬ様、ご参加される皆様各自のご判断で必要に応じた整備をお願い致します。

またマスツーリング(集団走行)とみなされてしまう可能性もありますが
召集のご案内では無く、トラブル防止のご案内ですので皆様の寛大なお心でニュアンスを汲み取って戴けると幸いです(笑)

 

■秋ヶ瀬スクーターミーティング 2016■

モトチャンプ様 オフィシャルブログページ

■秋ヶ瀬スクーターミーティング 2016■

日程 : 10月02日(日) 07:00 ~ 16:00(予定) ※雨天決行

会場 : 〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保1099 サーキット秋ヶ瀬

サーキット秋ヶ瀬

観覧入場料 : 1000円 ※事前エントリー不要

イベント参加料金 : 4000円 ※SS 1/32mileに参加される場合は5000円) ※入場料含む
※事前エントリーが必要です。 詳しくはモトチャンプ10月号をご覧ください

 

ご紹介させて戴きました様に、こちらの日程でイベントが行われますので
Japan CONとは関係なく、ご興味持たれた方はこの機会にイベントを覗いてみるのも良いのでは☆

CONを楽しみにされていた皆様は是非ご参加戴ければと思います!

 

今回はイベントのご紹介でした。
それではまた次回のブログ or イベント会場でお会いしましょう~!!

 


 Page 2 of 30 « 1  2  3  4  5 » ...  Last »