light_square

TP製作の販売車両ご紹介です! Part2☆

27/07/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。 TOKYO PARTSスタッフのカナスギです。

本格的に夏到来! という気温な毎日ですが
こんな暑い時にオートバイで走ると気持ちイイですよね!

そこで今回も皆様にはTOKYO PARTS製作の販売車両をご紹介させて戴きます。
この機会に是非カッコイイ車両で気持ち良く走って戴けたら嬉しいです!

では、まずはこちらから☆

高級感のあるオールペイント(ロイヤルネイビーブルー・パール)をはじめ、前後のローダウン&ロンホイ化や
ZOOMANIAオリジナルパーツ装着やバーハンドル化などの人気カスタムを盛り込んだコンプリートモデル!

しかも今回の車両では、エンジンをZOOMERの兄弟機種である「スマートDIO Z4」に採用された
原付スクーターでは全メーカーを通して見ても非常に
高効率、高性能な4バルブエンジンを搭載しました!

4バルブ特有のスムーズな吹け上がりや中速からの加速を感じられる、走りも楽しめるそんなズーマーになりました。

ZOOMANIA フロントフェイスにはブルーレンズのフォグランプを装着し
ネイビーブルーのボディーカラーと合わせることでよりシャープな印象に仕上げました。

足回りやハンドル周りもシンプルにまとめることでよりスマートでシャープさを確立。
シンプルだからこそ、流行に囚われずに楽しんで戴ける車両となっております。

高級感のあるペイントと4バルブエンジンでの走りは、通勤、通学だけでなく普段の移動手段としてもお勧めです。

4バルブZ4エンジン搭載 TP製作コンプリートズーマー!
是非宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

そしてもう1台、こちらは委託販売車両のご紹介です☆

純正部品を探すのが難しいほどのフルカスタムズーマー!
印象的なキャンディペイントが目を惹く、極上ローロングスタイルのズーマーでございます。

ワンオフ加工で製作したシートフレーム一体型のリヤフレームの他、USカスタムパーツも多数装着!
既存のエンジンハンガーでは出せないワンオフ加工ならではのローロングスタイルとなっております

前後足周りの交換やUSセパレートハンドルをはじめとした多数のカスタムパーツに
マフラーのワンオフ加工、オールペイントなど随所に手の入った内容です。

とことんカッコイイZOOMERに乗ってみたい! 

そんな方に是非お勧めしたいフルカスタムズーマーでございます。

こちらの車両製作時にアップしたブログも併せてご覧くださいませ。

 

■極上ローロングスタイル! フルカスタムズーマー!!

 

どちらの車両もご覧戴いた様に恰好良い仕上がりですので
この機会に是非ご検討戴けます様、宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

今回は(今回も?)販売車両ご紹介の内容でお送りいたしました!

それでは次回のブログでもどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 


TP製作のカスタムズーマー販売開始です!

08/07/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。(本日2回目です)
TOKYO PARTSスタッフのカナスギです。

早速ですが、今回は販売用車両完成のご案内でございます!

オールペイントをはじめ、前後のローダウン&ロンホイ化
オリジナル加工のシートフレームにバーハンドル化など人気のカスタム内容を盛り込んだコンプリートモデルです

足回りやハンドル周りもシンプルにまとめることでよりスマートなスタイルを確立。
シンプルだからこそ、流行に囚われずに楽しんで戴ける車両となっております。

オシャレだけでなく、スクーターだってスマートにキメたい!
そんな方にもお勧めなカスタム車両です。

 

スマート is COOL! TP製作カスタムズーマー!

詳細ページでは車両の情報や写真も沢山掲載していますので是非ご覧くださいませ。
実は近々、もう1台も完成予定ですので、そちらも楽しみにお待ち戴ければ幸いです!
皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

それではまた次回のブログでも宜しくお願いしますm(_ _)m

 


TPTP開催決定ですよ!!

08/07/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。 TOKYO PARTSスタッフのカナスギです。

梅雨明けはまだですが、夏の激しい準備体操っぷりときたらスゴいですね!
もうちょっと遠慮してくれると嬉しいのですが(笑)

 

今回はイベント開催のご案内です!

ジャイロなどのスリーターカスタムで名を馳せる多摩ピット様とのコラボ企画!!

その名も「TPTP (Tama Pit & Tokyo Parts)」です!!

場所は茨城県の大洗サーキット! しかも貸し切りでの開催ですよ~☆
近県だけでなく、東北をはじめ色々な地域の皆様に是非ご参加いただけます様お願いします!

当日はSSやサーキットコースの周回走行も楽しんで戴けます!
普段、スリーターカスタム車両をご覧になる機会がない方など刺激的なイベントになりそうですね。

皆様で是非楽しいイベントにしていきましょ~!!

【 TPTP 2017 】のご案内

開催日 : 2017年 8月 6日(日) ※雨天中止
時 間 : AM 9時~
場 所 : 大洗サーキット 茨城県水戸市森戸町668-1
最寄インターチェンジ:北関東道 水戸南インターより8分ほど
参加費 : 2,000円 (当日受付にてお支払い戴きます)
参加受付は当日8時00分から9時00分くらいとお考えください。
参加用紙をお持ちでない方は当日その場で記載していただきます。

※前日の18時からサーキット駐車場とトイレのみ解放いたします。
電気はございませんのでご注意ください。

駐車場は20~30台ほど用意できますので
事前に駐車場をお申込ください。

※事前お申込が無いと駐車できません。

クルマで参加予定の方は
7月20日 19:00までにご連絡ください。

ルールはゆるいのですが、大人(紳士)の集まりでございます。
自己責任を厳守いただけます様、宜しくお願いいたします。

当日はこの様なスケジュールを予定しております。

メガホン等でのご案内、お呼びかけになりますが
個別でのご案内は予定しておりませんので
走行希望の方は聞き逃さないようにご注意ください。

お昼休み及びインターバル時間中は
基本的にエンジン停止でお願いいたします。

 

【 サーキット走行につきまして 】

サーキット走行はいかなる場合でもヘルメット着用。
ヘルメットは半キャップ不可 ジェットヘルはシールドがあれば可能。
グローブ着用必須。軍手不可、革グローブが望ましい。
ブーツ着用必須。くるぶしが隠れる物なら可能。
服装 革ツナギが望ましいが自己責任で膝、肘が隠れる物なら可能。
レース走行を行う方は、革ツナギ、もしくは膝肘プロテクター着用必須。
サーキット内での接触、転倒、破損、ケガはすべて自己責任とする。

 

・ 注 意 事 項 ・

参加受付は当日朝8時~9時の1時間となります。
参加用紙をお持ちでない方は当日その場でご記載いただきます。

エンジンの始動は当日の朝9時まで禁止です

ご参加された時点で参加費用が発生いたします。
車両(自走)でのご参加、積み込みでのお持ち込みでのご参加、全て受付が必要になります。
お受付していない車両は敷地内侵入禁止といたします。 (見学もできませんのでご注意ください)

車両破損やケガは自己責任になります。 必ず安全な服装でお越しください。
フリーマーケットは駐車場内で自由に行って戴いてOKです。

周回レースの開始などは、
メガホン等でのご案内・お呼びかけになりますが
個別でのご案内は予定しておりません。

走行希望の方は聞き逃さないようにご注意ください。

皆様で掃除を行いますので、しっかりとご参加ください☆
※ルールはゆるいですが、大人(紳士)の集まりですのでご協力をお願いいたしますm(_ _)m

 

※駐車場の利用は事前申込が必要です

クルマで参加予定の方は
7月20日 19:00までにご連絡ください。

参加申し込み書は下記リンク先からダウンロードお願いします。

【 TPTP 2017 】のご案内・参加申し込み書

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

皆様のご参加をお待ちしております~!!

 


期間限定でのご紹介です! & 夏場の暑さ対策に

22/06/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは! TOKYO PARTSのカナスギです。

早速ですが、こちら商品のご紹介です!
期間限定での受付ですので、この機会に是非ご検討くださいませ。

HONDA レーシングピットスーツSS (半袖)

HONDA レーシングピットスーツLS (長袖)
これから夏場に向けてカスタム作業にピッタリのこちらのレーシングピットスーツ!

このピットスーツを着て作業すれば、ご愛車もレーシングマシンに早変わり!?

ホンダ車がお好きな方にはもちろん
カスタム作業の際やイベント時に着て戴いても気分が盛り上がりますね☆

HONDA オフィシャルの商品ですので各所にロゴが刺繍で入っております!

サイズも豊富でS、M、L、LL、3L、4Lと大きなサイズもラインナップ

※期間限定での受付となりますのでご注意ください。
(2017年 06月 27日 20時まで)

期間内でもHONDAでの在庫がなくなり次第に終了となってしまいます。
場合によってはご注文戴いても完売の可能性もございますので
畏れ入りますが予めご了承ください。

■HONDA レーシングピットスーツSS (半袖)

■HONDA レーシングピットスーツLS (長袖)

 

そしてもう一つご紹介!

HONDA ズーマー用メッシュシートカバー

 

夏、シートのベタつきを抑えるメッシュ生地のシートカバー!
こちらもHONDA純正オプション品となります。

取り付け方法もとても簡単☆
カバーをシートに被せたら2本のマジックテープで固定するだけで装着完了!

メッシュ生地になることで通気性確保はもちろん、車体のちょっとしたイメージチェンジにもオススメです。

テールランプをシート後方へ移設されている方でも
テールランプの裏側へ潜り込ませる様に被せれば、ランプを妨げずご装着が可能です。

これなら夏のツーリングもシートのベタつきを抑えて乗って戴けますね!

※期間限定での受付となりますのでご注意ください。
(2017年 06月 27日 20時まで)

■HONDA ズーマー用メッシュシートカバー
どちらの商品も期間限定での注文受付となりますので
気になった方は是非お早めにご注文ご検討くださいませ~m(_ _)m

 

この他にも夏場の暑さ対策アイテムとしまして・・・

KOMINE / COOL MAX シリーズも ご覧戴ければと思います☆

今年の夏はツーリング中も涼しく過ごしましょう~!

と、言うことで
KOMINE製COOL MAX商品をお取り扱い開始いたしました! (※こちらは通常扱い品です)
しかも! お手に取って戴きやすい価格でございます(笑)

オートバイだけでなく、自転車やこれから夏のイベントにも使って戴ける暑さ対策用品ですので
こちらも併せて宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

それではまた次回も宜しくお願いいたします。

 


6月25日はイワイサーキットでお会いしましょう!

10/06/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。 TOKYO PARTSスタッフのカナスギです。

まだ本格的な夏前だというのに暑い日が続いておりますね(汗)
ツーリングに行かれる方もカスタム作業される方もお気をつけてくださいませ!

今回はイベントのご案内です!
是非皆様にお集まり戴けます様、宜しくお願いいたします(深々とお辞儀)

6月25日(日)は茨城県坂東市のイワイサーキットにて
SS 1/32 mile&モトチャンプ車両撮影会を予定しております!

そういった訳で、
「モトチャンプさんの車両撮影会に参加して、ついでにミーティングも!」というのが今回の企画。
その名も
「勝手にカスタムミーティング in イワイサーキット」でございます(笑)

イワイサーキットの公式ページはコチラ

同日はサーキットにて「 SS 1/32 mile 2017シーズン KN-CUP(第二戦) 」も開催されますので
レースの様子などもご覧戴けるかと思います!

イワイサーキットでのミーティングは今回初めてなのですが
「カスタムバイク好きな皆様に集まって戴いて、ワイワイ楽しみましょう~!」
と、いう主旨でございます(笑)

普段カスタム車両をご覧になる機会がなかったり
カスタム車両好きなんだけど、直接そういう方と知り合うことが無いといった方など
皆様との交流の場になったら良いなと考えております。

ちなみにご参加戴く人数によっては、いきなりカスタムコンテストとか開催しちゃうかも知れません(笑)

撮影会の様子は後日モトチャンプ誌に掲載されるかも・・・?!
(断言できませんが、そこはご了承くださいませ(苦笑))

==================================
■開催日時&開催場所

06月25日(日)
※モトチャンプ撮影会の受付時間は不明です。ご希望の方は早めのご来場をお勧めいたします。
※SS 1/32 mileのタイムスケジュールは運営業務を行っているKN-YOKOHAMA様へお願いいたします。

〒306-0624
茨城県坂東市矢作655-5 イワイサーキット

イワイサーキットの公式ページはコチラ
※SS 1/32 mileの観戦は無料ですが、エントリーは有料になります。
エントリー方法、レギュレーションなど詳しくは
運営業務を行っているKN-YOKOHAMA様へお願いいたします。

SS 1/32 mile 公式フェイスブックはこちら

==================================

TOKYOPARTSも先日ご紹介したデモ車両など展示させて戴きますので
お時間のある方は是非お越しくださいませ。

皆様と会場でお会い出来るのを楽しみにしております!

 

と、いう事で誠に勝手ではございますが
イベント当日の 06月25日(日)は臨時休業とさせて戴きます。

畏れ入りますがご了承戴けます様、宜しくお願いいたします。

発送業務、お問い合わせへのご返信など、翌26日以降でのご対応とさせて戴きます。
ご迷惑をお掛けいたしますがご理解、ご了承のほどお願いいたします。

 

皆様と皆様のご愛車にイベントでお会いできるのを楽しみにしております!

それでは宜しくお願いいたします。

 


デモ車両製作中です

07/06/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。 TOKYO PARTSのカナスギです。

今回只今製作中の弊社デモ車両をご紹介していきたいと思います!

ドライカーボン製パーツをはじめ、主に最近ご紹介してきました
TOKYO PARTSのオリジナルパーツを装着したズーマーでございます!

ほぼ形になりましたのでお披露目(仮)とさせて戴きます(笑)

取り付けているほとんどのパーツは、ボルトオンまたは軽度の加工で装着可能なパーツばかりですが
それでもこんなに車両の雰囲気が変わるんですね~!

極端にローロングスタイルではありませんが
適度な低さと長さ、そして無骨さが「ズーマー」らしさをより強調していると思います。

ボルトオンパーツが主なので「自分のズーマーもこんな風にカスタム出来るのか」と、想像して戴けると嬉しいですね。

車両全体の雰囲気の次は、各ポイントごとに写真をご覧くださいませ。

こちらの車両をご覧になって、ズーマー歴の長いオーナー様には懐かしく
今カスタムを楽しまれているオーナー様には新鮮にご覧戴けるはないでしょうか。

デモ車ですので店舗でご覧戴けるのは勿論、今後のイベントなどでも皆様にご覧戴きたいなと考えております。
カスタムパーツを実際に取りつけた際の雰囲気など、ご参考になるかと思いますので
ご興味持って戴いた方は是非ご来店お待ちしております(笑)

まだ製作途中の為、パーツの追加や仕様変更もありそうです!
どんな風に変わったかなども是非ご覧戴ければと思います。

と、いうことで今回はデモ車両製作のご紹介でした!

それではまた次回も宜しくお願いいたします。

 


66ccボアアップ&カスタムのご依頼ありがとうございます!!

27/05/17 コメント 0

皆様こんばんは。
TOKYO PARTSのカナスギです。

杉花粉のシーズンも過ぎて、いよいよ初夏の雰囲気に・・・
オートバイに乗って戴くのも気持ちの良い季節になってまいりましたね!

今回ご紹介させて戴く車両はこれからのシーズンにも気持ち良く走って戴ける様な
走りも見た目も両方カスタムさせて戴いたズーマーとなっております!

ご紹介するこちらのズーマーは66ccボアアップによる走行性の向上と
各部のカスタムパーツ製作&取り付けによるスタイルアップを中心に作業させて戴きました。

極端なローロング仕様ではありませんが
ご覧戴いた様に非常にスタイルバランスの良い仕上がりとなっております!

こちらの車両はオーナー様ご自身でもカスタム作業を楽しまれておりまして
(オーナー様のブログにてこれまでの作業のご様子を紹介されておりますので是非ご覧くださいませ)

(ちなみにこちらのセンターバーもオーナー様のお手製だったりします!)

今回ご依頼戴くにあたり、66ccボアアップ以外のご希望として
主に下記の様なお話しを頂戴いたしました。

・あまりロー&ロングにはせずに純正テイストを残しながらバランス良く
・取り付けるパーツ類は車体に合わせて黒、プラズマイエロー、ゴールドを主体に
・街乗りメインながらも、ちょっと大人ぽくレーシーな雰囲気に
・現状のスタイルを継承して、外見など全体的なクオリティを上げる

オーナー様とは車両お預かりする前にメールでのやり取りをさせて戴き
施工内容等について、何度もやり取りのご協力を戴いておりました。
そのこともあってかTOKYO PARTSを信用して下さってのお任せコース的内容でございます!

「信用して戴いての内容なので頑張らねば!」と意気込みましたが・・・
オーナー様の車両はお預かり時の状態でほとんどの箇所に手を加えられていて
更には、既にスタイルも出来上がっていましたので
「どういった部分をご提案させて戴こう・・・」と悩むことに(笑)

結果的には「現状のスタイルから、外見など全体的なクオリティを上げる」を軸に
各部のパーツや小物など、交換後の満足感をより感じて戴ける方向でご提案させて戴きました。

今回のご紹介ではTOKYO PARTSで施工させて戴いた内容をご紹介させて戴きます!

フロントの足周りは元々NCY製ディスクブレーキKITでしたが
よりレーシーな雰囲気を演出する為にSHIFT UP製フローティングDISKローターに変更!

フロントフォークには同じくSHIFT UP製アルミアクスルスタイダー組み合わせて
フェンダーをZOOMANIA フロントフェンダーでタイヤとフェンダーの隙間を減らすことで
よりレーシーさを演出しております。

他にも長さが余ってしまっていたブレーキホースをハンドル高さや車高に合わせた長さに変更です。
ブラックのメッシュホースとゴールドアルマイトのソケットはさり気ないオシャレポイント☆

ブレーキDISKはインナー部分はブラックアルマイト、DISK取付向きは左側の別注仕様。
ゴールドのフローティングピンとブラックのインナーで車体との統一感もバッチリ!

スピードメーターも既に埋め込んで戴いていましたが
ZOOMANIA メーターマウントパネルを使用し、適度な凹凸を見せることでカスタム感もUP!

ハンドル周りはハリケーン製ハンドルバー(ナローⅡ型)に変更。
純正よりも低く、幅も狭いのでハンドル操作もコンパクトになりますね。

写真だと分かりづらいかとかも知れませんがUSBもお取り付け!
実用的なパーツですがなるべく目立たなくすることでカスタム感を損ないません。

TNK製グリップ(ブラックアルマイト加工)やDAYTONA製バーエンドは
シンプルなデザインで車体色に合わせたチョイスとしております。
意外と思われるかもしれませんが、グリップも質感の良い物を装着して戴くと
ハンドル周りのクオリティが違って見えてきますよ。

純正スイッチBOXもブラックにペイントされているので統一感もバッチリですね!

ハンドルポストはZOOMANIAオリジナルハンドルポストを装着戴きました!

どちらかというとシンプルめなデザインですが、既存の商品よりもハンドル位置を低くでき
存在感のあるポストなので実際の取り付け位置よりも低く感じて戴けます。

足元にもレーシーな雰囲気を! という事で考えたのがこちらのフットペダル!
キタコ製サブフレーム用に製作したワンオフパーツになります。

スポーツカーのフットペダルをイメージして、ステンレスパネルにカーボンで裏打ちした豪華なペダルです☆
オートバイなので実際に踏み込む事はありませんが
足元にこうしたパーツがあるだけでも、レーシーっぽさを楽しんで戴けるのではと思います。

次なるパーツ交換はガスタンクカバー&ガスタンクキャップカバーです。

タンクカバーはZOOMANIA製ドライカーボンタイプ(ツヤあり)に
キャップカバーも同じくZOOMANIA製ビレットガスキャップカバー(半艶ブラック仕上げ)をご装着戴きました~!

新商品のドライカーボンパーツは、(店員が言うのもなんですが)質感も良くカーボンの織り目も綺麗なので
ご満足戴けることは間違いないかと!

カーボン柄の転写の商品と比べて戴くと、仕上がりや質感の違いをよりご覧戴けると思います。
こちらは是非実際にご覧戴きたい商品でございます!

続いては、同じくフロア周りでデジタル式の電圧計を特製ステー(涙型のプレート)を製作して装着!

元々ご装着されていたタコメーターやフューエルメーターに加えて
今回はUSBソケットも取付しましたので、勝手ながら「電圧も気になられるハズ!」と
お任せの戴いた範囲で取り付けしちゃいました(笑)

ハンドル周りをなるべくスッキリさせたいと思い、足元に取り付けしております。
コンパクトなパーツですが、「追加メーター」とか付いてるとやっぱりワクワクしてしまいます(笑)

オーナー様特製のMUGENプレート付きヘッドカバーには、ZOOMANIAアーシングKITをご装着。

通常のアース線よりも直径の大きいケーブルを追加することで
車体各部に流れる電気がスムーズに流れ、純正時よりも良い点火や良い発電効果が得られるアーシングキットです。
(人間で言いますと血流が良くなって身体の調子もよくなりますという感じです)

・エンジン始動性向上
・燃費向上
・エンジン振動軽減
・アイドリング安定性向上
・ヘッドライトの明るさ向上
・エンジンレスポンスの向上

こうした効果が期待できますので、走りを意識される方にもお勧めなアイテムですよ。

エンジンハンガーは純正比プラス100mmほどのNCY製ハンガーへ交換。

お預かりの時点で純正プラス50mmほどの特製ハンガーを装着されておりましたが
「現状よりも少しロング」とのご要望に合わせての交換でございました。

個人的にですが、この位の長さがキジマ製ローシートフレームとのバランスが良くて好みです。
(あくまで個人の感想によるものです(苦笑))

「縁の下の力持ち」的なドレスアップカスタムとしてご紹介したいのがエンジンペイント!
(こちらはその他、TOKYO PARTS牽引フック取り付けやリヤフェンダーのペイントしております)

エンジンはペイントしてあることに意外に気付かれなかったりするのですが
足元がより引き締まって見えたり、良い意味でエンジンの存在感を抑えることで
ホイールやマフラーなど交換されたパーツをより引き立ててくれます。

後述いたしますが、66ccボアアップのご依頼と併せてエンジン全体をブラックに。
この状態でも恰好良く見えますよね。

細かい部分でのディティールアップはこんな所にも!

カスタムをしていくと大きなパーツは勿論ですが、ボルトといった小さいパーツも気になりますよね。
今回のご提案では、ステンキャップボルトから一歩進んんで「ビビットボルト」を各部に使用しております。

通常のキャップボルトよりもスリムなボルトヘッドはシャープさとカスタム感をよりアップ!

シートフレームの他、ブレーキ周りやヘッドライトステー、エンジンヘッド周りなどにも。
シャープな見た目と細かなディティールアップは今回のご依頼内容にもピッタリでございます。

嬉しいことにオーナー様から「カスタムの記念にTPエンブレムを付けたい」とのお話を戴きまして
フロントBOXの側面とフロアボードの後方にそれぞれお取り付け!

オーナー様のブログにもございましたが、私も「純正フロアボードも良いね!」と見直しました(笑)

・・・と、ここまでがパーツ製作、交換などによるカスタム内容のご紹介です。

ご依頼戴くどの車両についても同じですが、オーナー様の思いが詰まっていますので
紹介内容が思わず長くなってしまいます(笑)

そしてここからは「走りのカスタム」である66ccボアアップのご紹介!

今回のエンジンはキャブモデルをボアアップさせて戴きました!

こちらの写真はビッグピストンとエンジンシリンダーのボーリング加工前後のものです。
中央のピストンが入る穴が加工により大きくなったのがご覧戴けると思います。

ズーマーのエンジンにはボアアップKITというものがございません。

それはエンジン(スクーピーやバイトなども)がシリンダとクランクケース一体型の為
一般的なオートバイのボアアップKITの用にオーバーサイズのシリンダー装着ができないからなのです。

そこで、特殊な加工(エンジン分解、ボーリング加工、スリーブ打ち替えなどなど)が必要となります。

TOKYO PARTSでは海外(アメリカ)から用意したビッグピストンと
専門加工業者による(ピストンを100分の1精度で計測)精密なボーリング加工にてボアアップの施工を承っております。

また、エンジンの分解、組立てにつきましては
整備士免許を持ったスタッフが施工に当たらせて戴いておりますのでご安心くださいませ。
エンジンの大事な部分ですので、こうしたご案内がお客様にとっての安心材料になればと思います。

ボアアップ作業時には先程のビッグピストン、ボアアップ専用ヘッドガスケットなどの専用部品の他
インテーク、エキゾーストバルブやボルトなどエンジン内部の部品を新品に交換しております。

今回のエンジンはキャブタイプですので・・・

オイルポンプギアを写真の樹脂製シャフトから

金属製シャフトの部品に交換いたしました。
せっかくエンジンを分解するので、消耗部品や不安な所はリフレッシュしておきたいですよね。

金属製シャフトの部品へ交換をしているのには勿論理由がありまして
こちらの写真の様に樹脂製の軸が折れてしまうことがあるのです・・・!

エンジンオイルを循環させるのに必要な部品なので、ここが折れてしまうとオイルがエンジン内で巡らずに
エンジンの焼き付きやピストン破損といった深刻なダメージになりかねません。

もちろんそんな怖いことは嫌ですので
ボアアップ作業時には金属製シャフトの部品に交換させて戴いておる次第でございます。

その他に、パーツの消耗度に合わせて純正部品交換も行っております。
こちらも折角ですので、気になるところはリフレッシュして戴くと、よりご安心いただけますね。

ボアアップと同時施工でお勧めしているのが「WPC加工」です。

こちらのズーマーでもピストン、ピストンピン、リングの他に
ロッカーアーム、ロッカーアームシャフト、バルブ、バルブスプリングなど加工させて戴きました。

こちらのブログでも何度かご紹介してまいりましたが改めてご説明を。

■WPC加工につきまして■

WPC加工とは金属への表面加工処理の一つです。
(主に金属の疲労に対する強度向上と摺動(シュウドウ)性向上を目的とした加工となります。)

微粒子(メディア)を高速度で衝突させることにより金属表面を高密度化するとともに
一種の焼き入れ効果を与え、微少な凸凹による摺動抵抗低減効果と常温拡散効果が得られます。

ご説明している私も分かり難いので、言い方を変えますと
とても細かな粒子を表面にぶつけて、焼き入れと同時に金属表面に細かな凹凸を生成します。
表面に均一に出来た微細な凹凸にオイルが入ることで
金属同士が接触する面に油膜面を維持出来るの為、油膜面により摩擦が軽減されます。
摩擦が軽減されることで、摩擦によるロスや摩擦熱や抑えられ、より部品の性能が発揮されます!

という仕組みでございます!(笑)
(写真のピストンが少し曇って見えるのはWPC加工によって表面に細かな凹凸があるからです。)

こうした内容ですので、ボアアップやエンジン内部のパーツにはピッタリの加工ですね。

ボーリング加工の他、燃焼室拡張、ポート加工といった施工を行ったあとは・・・

セッティングの際には実走行によるフィーリングと
専用の測定機器(ロガー)やO2センサーを取り付けた測定用マフラーを使用して
体感とデータの両方からセッティングを出していきます。

これなら66ccにボアアップしたエンジンの性能も十分に引き出せますね!

こうした作業もしっかり行っているところはあまり無いのではと思います(笑)
(作業にかかる手間やコスト的な意味でも(苦笑))

その掛けた手間の分、トルクやアクスルレスポンスの良い力強い走りになっていますので
16ccという数字以上の走りを感じて戴けますよ~!

作業させて戴いた主な内容をご紹介してきましたが
今回はもの凄いボリュームに・・・。

皆様もここまで読んで下さってどうもありがとうございました!

ご依頼戴きました G様 この度のご用命誠にありがとうございました!
今回のご依頼内容などオーナー様のブログでも既にご紹介戴いておりますが
G様の内容の方がわかりやすいです(笑)

お打合せ等、沢山のご協力を戴きましたお陰で
これまでよりも、もっと気に入って戴けるズーマーになったかと思います!
これからもご愛車を沢山可愛がって戴けたら、作業させて戴いた甲斐がございます。

皆様最後までご覧戴きありがとうございました。

それではまた次回のブログも宜しくお願いいたします。

 


TOKYO PARTS × モトチャンプ合同企画 「土(ツチ)DUNK」☆

08/05/17 コメント 0

皆様、本日2度目のこんばんは!

今度はモトチャンプ誌とのコラボ企画でカスタムさせて戴きました、HONDAダンクのご紹介です!

今月(5月)6日に発売されたモトチャンプ6月号に「土(ツチ)ダンク計画」のカスタムダンクが掲載されました~☆

モトチャンプ誌に掲載されたので、やっとご紹介できてホッとしております(笑)

どどーん!と4ページに渡り見開きで載っておりますので
モーターサイクルショーに行けなかったという方もじっくりご覧戴けると思います。

3月24日から開催された東京モーターサイクルショーではこんな感じで展示されておりました☆
変わったバイクが展示されているなぁと思われた方もいらしたのでは(笑)

ちなみにミニリヤカーはもちろん、牽引用のアームもボルトオンで取り外しが可能となっており
シーンに合わせて使い分けて戴ける仕様でございます!

「これってアリなの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが・・・

地域によって条例が異なりますが125cc以下にバイクで
リヤカーの重量込みで総重量120kg以下(その他サイズ規制あり)かつ時速25km以下での移動であれば
特に免許や届け出がなくても街乗りが可能なんです☆

※地域によって条例が異なりますので、詳しくは地域の警察署等へご確認ください

見ても乗っても楽しめるそんな車両に仕上がりましたので
沢山の方にご覧戴けましたら嬉しいです!

別ページにて、車両写真を多数掲載しておりますので併せてご覧戴ければ幸いです。

TOKYO PARTS × モトチャンプ合同企画 「土(ツチ)DUNK」

 

細かい部分を説明させて戴くと、凄い量になってしまうので
まずは写真多めでご覧くださいませ(苦笑)

それでは、土ダンクのご紹介でした~!


BOWLSビレットラジエターカバーが入荷いたしました☆

08/05/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは!
今回は早速本題に入っちゃいます!

BOWLS L.A. 製オリジナルビレットラジエターカバーが入荷いたしました~!

BOWLSと言えば、ZOOMERカスタムの世界にUSDMといった言葉が広まる前から
オシャレな雰囲気とデザイン性の高さで注目されていたブランド。

現在はこれまで発売された商品の多くが入手困難となってしまいましたが
BOWLS協力のもと、リバイバル版として新たにご用意いたしました!

勿論、MADE IN USA☆

重厚でシンプルで造りながらさり気無く個性を主張するそのデザインは正にUSDMを感じさせます。
USDMを目指す貴方にオススメのパーツですよ!

※アルミ素地仕上げ
※裏面にはナンバリングあり
※輸入部品につき、商品の表面には細かなキズもございます
畏れ入りますが予めご了承ください
※数量に限りがございます。売り切れの際はご了承ください。

BOWLS Billet Radiator Cover [ Revival ]

 

今回はお待ちかねの商品入荷のご案内でございました。

どうぞ宜しくお願いいたします!


作業のご依頼ありがとうございました!

30/04/17 コメント 0

皆様どうもこんばんは。

TOKYO PARTSのカナスギです。
ブログの更新が間空いてしまいスミマセン!

しっかし、時間が経つのは早いですね・・・。今年ももう田植えの時期になってきました!
ご来店戴いた方はお分かりかと思いますが、TOKYO PARTSの周りは田んぼが沢山ございます(笑)

今回は作業ご依頼戴いた車両のご紹介になります。
オーナー様のセンスと愛情がいっぱいの車両になっておりますので是非ご覧くださいませ~!

極端なローロングスタイルではございませんが
エンジンスワップなどのハードカスタムやUS純正パーツをはじめカスタムパーツを装着しながらも
純正スタイルの持つズーマー本来の魅力を感じられる車両となっております。

一見するだけだとライトカスタムな車両っぽく見えますが
その実いろいろなところにカスタムの手が入ったオーナー様こだわりの一台☆

ご依頼内容と併せてご紹介させて戴きます!

まずはフロント足周りから
ズーマーの純正ホイールを加工したディスクブレーキ仕様!
純正っぽさを残しつつも制動性とカスタム感はしっかりとキープしてあります。

また、KN企画製ローダウンフォークを更に20mmほどローダウン加工済。
足周りのローダウン効果だけでなく、フォークのインナーパイプが表から見えなくしたり
タイヤとフェンダーの隙間が埋まることで凝縮感も演出されました!

反対側からだとパッと見、純正と勘違いしてしまいそうですね。
実はカスタムしているのに、してなさそうに見せるのもオーナー様のお好みポイントです(笑)

ピレリのムッチリしたタイヤも太いリムに似合ってます!

ホイールつながりで今度はリヤの足周りのご紹介。

リヤホイールはシンプルな見た目になる様にオリジナルのホイールカバーを製作。
違和感なくディッシュホイールに見えますよね。

元々のホイールはこういう形状ですが

特製ホイールカバー(ロゴのレアリングもペイントです!)を組み合わせると・・・

ご覧の様にイメージチェンジ大・成・功!

比べて見ると随分と印象が違って見えますよね~。

因みにリヤホイールとカバーはフロントホイールの色味に合わせてペイントしていますが
ホイールカバーは面積も大きく、光の当たり方で明るく見えてしまいがちなので
その分、ホイールよりも色合いを少し暗くペイントして戴きました!
(dotor R design works 様 今回もご協力ありがとうございました!)

説明がないと全く気付かれないですが(苦笑)

説明が無いと分からないポイントその②はマフラー加工です!

お預かりした状態からの違いはと言いますと・・・

・サイレンサー位置を少し前方へ移動
・サイレンサーの高さを少し下げる(ホイールカバーに掛からない程度に)
・サイレンサー&エキパイの位置、配置をなるべく車体側へ寄せる
・マフラーステー製作 など

左右の写真を見比べて戴くと違っているのがお分かり戴けるかと思います。
もはや間違え探しのレベルかも知れませんが(笑)

でもオーナー様にとってはここも大事なポイント。

例えばサイレンサー位置を低くしクリアランスを設けることで
リヤショックのボトム時にフレームとサイレンサーとの干渉が避けられる様になったり
エキパイの角度やサイレンサー位置を車体側に寄せることでスリムな印象に変わったりと
少しの違いかと思われるかも知れませんが
そのこだわりの積み重ねがご満足感や完成時のクオリティアップにもつながってきます!

そして、説明が無いと分からないポイントその③!

少し(3~4cmほど)ロンホイしております!

こちらはエンジンスワップ車両なので、大きなラジエターがシート下に設置されておりますが
お預かり時にはクーラントホースやエンジンハーネスが少し窮屈な状態に。

そこでスタイル改善とホースやハーネス類の取り回し改善を兼ねてのロンホイご依頼戴きました。
「パッと見、ライトカスタムっぽい車両」というコンセプトですので
極端なロングとはせずに、必要最低限の範囲での施工となっております。

ラジエターの取り付け角度(サブフレームと揃える)や高さ(シート下パネルと揃える)など
頂戴したご要望に添う様にステーの製作も行わせて戴きました。

他のパーツやフレームと角度や高さを揃えることでボリュームのあるラジエターも
車体と一体感のある収まりになりました!

 

その他にはこんなパーツ製作も頂戴しました!

こちらのオーナー様には ありがたい事にTOKYO PARTSのパーツや小物などもご利用戴いており


(こちらのセパレートハンドルは以前に製作させて戴いた物をオーナー様がアレンジしてくださいました)

そんなお話の繋がりからオリジナルの駆動系カバーも製作させて戴きました。

プーリー部分にTPロゴをあしらったカバーは、車体と合わせてブラックアルマイト仕上げに☆

こうしたご依頼を戴けるのは応援して戴いている様で大変ありがたいです!

ご紹介させて戴いた内容は決して派手ではないと思いますが
よりお客様好みの車両に仕上げていくという、良いお手伝いをさせて戴けたのではと思います。

Hasegawa様 この度は弊社へご依頼戴きまして誠にありがとうございました!
ご依頼だけでなく、ご来店戴いてのお打合せなどご協力にも感謝しております。

これからもズーマーライフをもっと楽しんで戴けましたら、大変嬉しく思います!

 

次回のブログでも宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 


 Page 2 of 32 « 1  2  3  4  5 » ...  Last »